葦名堰(二ノ台堰)のリーフレットが完成!!

2018 02 20
毎年、見学会を開催し地域の宝『葦名堰』の保存・継承活動に取り組んでこられた
『葦名堰史跡保存会』さんが、この度『400年記念事業実行委員会』を立ち上げ、
その事業の一環として葦名堰のリーフレットを作成されました✨
asinapanfu2.jpg
asinapanfu1.jpg
衣川の増沢から小山二ノ台まで通水していた葦名堰、
出来上がったリーフレットには、
地形を生かして通水された堰のマップや各隧道の呼び名なども記されています。


2018年2月24日(土)午前には
胆沢区小山二の台地区振興会館で
葦名堰開削四百年座談会が開催されます。
asinazadannkai (336x480)
葦名堰四百年をたどると題される講演には、
講師に奥州市 元学芸員の佐々木いく子氏と
    葦名堰史跡保存会顧問の高橋岑生氏をお迎えします。

どなたでもご参加できますので、ぜひお出かけください。

お問い合わせは
葦名堰史跡保存会事務局 高橋さんへ。
☎0197-47-1975(お間違えのないようお願いします)

南都田浅野の稲荷社

2018 01 23
暮れには例年より多く感じていた降雪ですが、
年明け後の降雪は数日程度で、一面真っ白な雪景色とはいいがたい今年の1月です。
1801191.jpg
前々から気にはなっているけれど、近くまで道路があるのかどうかもわからず、
ひとり田んぼの中を歩く勇気もなく、指をくわえて眺めている場所が多くあります。

ここもそのひとつ、道路からは、守られるように木々に囲まれたこのお社が見えます。
1801192.jpg
ここは南都田の浅野の稲荷社です。
稲荷社は元は穀物や農耕の神で、
この社も安永風土記の農耕神の中に含まれているようです。
境内には
嘉永三年の雷神様の石碑が1基、あると資料にはありますが、
もっと多くの石碑が並んでいるので、
他の場所にあった碑も置かれたのかもしれません。
1801193.jpg
上の部分が落ちてしまった鳥居は大正2年に奉納されたもののようです。
天保年間と明治時代の棟札が残ります。

稲荷社からあぜ道を西に数十メートル進むと
水田の畦畔にポツンと1基、石碑が建っています。
1801194.jpg
碑は
『庚申供養碑』で安永五年八月二十一日の日付が刻まれています。
何名かの名前も刻まれているようですが、判読は不明。
 1801195.jpg
資料には(旧道だったのか)と追記されています。

谷地中の馬頭観音堂

2017 12 26
南都田谷地中の国道397号沿いにある馬頭観音堂です。
安永風土記に記載のお社のようですが、創建は不明のようです。
171226谷地中2
171226谷地中1
境内には、
昭和二十五年建立の『鸕鷀草葺不合尊』碑と
明治二十八年の『馬頭観音』碑が二つ並びます。
鸕鷀草葺不合尊』は胆沢に10基ほどあるうちのひとつです。
村棟梁の佐々木某氏のほか14名の名も刻まれています。

寒さの中では、

なんど、厳しい冬をこの地で過ごしてきたのか、
どのくらいの歴史を抱えているのか、大方の社や碑がそうであるように
今ではだれにもわかりません。

と、なんだか悲愴的な思考に陥ってしまいますが、

あらゆる命がキラキラ輝く季節にその姿を認めれば、
きっと見え方も受け止め方も違ってくることでしょう。

冬は始まったばかりですが、早くも暖かい季節を待ち望んでしまいます(;^ω^)

葉っぱが落ちたイチョウの木の下

2017 12 10
171207小田切1
整然とならんだ石碑群、お地蔵さまも祀られています。
資料からは探せなかった石碑群です。
171207小田切3
奥には山神社も鎮座する小山赤堰、
縄文後期・弥生時代の遺跡、小田切遺跡があります。

町史によるとここは桜井良安医師の屋敷跡とあります。
並ぶ石碑群は墓石で、桜井医師と関係のあるお墓なのかもしれません。

もう少ししたら雪に閉ざされ、
ここまで入ることができなくなります。

土手渡りため池に立つ記念碑

2017 11 14
昭和63年に建立された記念碑には

土手渡り溜池は一五〇年前我々の先祖がこの地への永住を期し、
幾多の辛苦を重ねつつ築造してきたものである。


とあります。
171113土手渡1
若柳下横沢原にあるこの溜池ですが、受益地は主に小山大畑平のようです。
171113土手渡4
現在も重要な溜池として使われ続けている様子のこの溜池ですが、
人も立ち寄らぬ晩秋の静かな水面で水鳥たちがゆったりと羽を休めていました。
171113土手渡3
近づいたとたん、バタバタと飛び立たれてしまいましたが(;´・ω・)
ごめんなさい、びっくりさせて(´;ω;`)

南都田 作屋敷の大日堂

2017 11 05
なんだかバタバタして、
小さいお社や古い石碑に気を配れずに過ごしてしまった10月。
この日もバタバタしていましたが、通りがかりの
田んぼの中で午後の陽に照らされ気持ちよさそうな
作屋敷の大日堂に寄ってみました。
171027大日堂1
平安時代の遺跡がある作屋敷遺跡の標柱が建っています。
大日堂は安永風土記記載の堂で、天保二年の棟札が残ります。
地元では大日如来堂と呼んでいるそうです。
171027大日堂2
境内に並ぶ石碑、お地蔵様を含め6基ありますが、
資料にあるのは馬頭碑、天照皇太神宮、庚申塔、菩提供養碑です。
171027大日堂3
寛政や文政の文字が刻まれています。
171027大日堂4
右端の小さい石碑は資料になく、古い墓石なのかもしれません。

松村巨湫の句碑

2017 09 12
170901kuhi 1
170901kuhi2.jpg
市野々御番所跡公園にある松村巨湫の句碑
「樹のおくに うぐひす鳴くや 葉月渓」

建立されたのは昭和30年、若柳観光協会の建立です。
説明板には
この句碑は、尿前橋の西側にあったもので、
胆沢ダム建設のために、現在地に移設されました。
作者松村巨湫は、東京で活動した当時の代表的俳人の一人で
水沢在住の門下生の招きで岩手県を遊行した際、
尿前渓谷の新緑の美しさを吟じた句だといわれています。
尿前渓谷の柱状列石と新緑と川の流れが織りなす絶景。
そして、どこからともなく聞こえてくるウグイスの声。
都会で生活していた巨湫には、
それらが心の奥底に響いたことでしょう。
(松村巨湫 1895年~1964年。主宰した俳誌『樹海』)


尿前渓谷は旧胆沢町きっての新緑・紅葉の名所だった場所ですが、
胆沢ダム建設によって国道397号は付け替え工事がおこなわれ、
尿前橋は現在胆沢ダム湖に沈みましたが、
現在は尿前渓谷橋から柱状列石を見ることができます。
101005尿前渓谷1
↑は2010年尿前橋から見た尿前渓谷です。
↓は昨年の尿前渓谷橋と柱状列石です。
161020ビーチライン紅葉1
これからはじまる紅葉シーズン、
見る場所、見える景色は違っても、紅葉の美しさは変わらずここにあります

若柳津倉田の馬頭観音堂

2017 09 07
170904tukurada.jpg
創建年代不詳の観音堂ですが、安永風土記に記載されています。
赤い鳥居の両脇に明治と大正時代の2基の馬頭観世音碑が並んでいました。

清々しい秋の風が渡る田んぼの中、気持ちよさそうに佇む観音堂です。

市野々の御番所跡

2017 09 05
焼石クアパークひめかゆの西側に市野々御番所公園があり、
番所を模した建物が並んでいます。
170901市野々2

その向かいの道路下に市野々御番所跡の標柱があり看板が建っています。
奥のお屋敷は検断を務めたお家柄です。
170901市野々1
170901市野々3
仙台藩と佐竹藩との藩境御番所は下嵐江に置かれましたが、
冬場は不便とのことから、この市野々に移されたそうです。
幕末にはまた下嵐江に移されましたので、
胆沢には市野々とし下嵐江に御番所跡があるんですね。
170901市野々4
江戸時代の人々も今と変わらぬ焼石連峰の山並みを眺めながら歩いたことでしょう。

小山字伊勢堂の伊勢堂

2017 08 29
県道302号から見えるとてもきれいなお堂はこのお伊勢堂でした。
170825伊勢堂1
祭日は9月16日 祭神は天照皇大神 安永年間の棟札があるようです。
170825伊勢堂2
二つの鳥居、ひとつは昭和42年の祭日のもので
もうひとつは昭和16年の祭日で、当部落日支事變従軍者記念とあるようです。
170825伊勢堂7
そして対の灯籠、
右の側面には 享保元年、左には九月十六日とあるそうです。
享保元年は1716年、なんともいい感じの素敵な対の石灯籠です。
170805伊勢堂3
境内に並ぶ石碑群、奥に石の祠が2基、
念仏剣舞之碑(昭和49年9月)、剣舞紀年(昭和11年)、南無阿弥陀仏碑(文久3年)、
庚申・巳己供養碑(天明2年)、山神碑(不明)、南無阿弥陀仏碑(安永2年)、
金華山塔(天保3年)、馬頭明王碑(安政2年)
剣舞碑は平成5年に国指定・重要無形民俗文化財 に指定されている
朴の木沢念仏剣舞の碑で背面には沿革史も刻まれているようです。
170825伊勢堂6
祭神が祀られるお堂は、建物の後ろに重なるように建っていて、このような造りのお堂は
この辺りでは珍しいものでした。

美しい伊勢堂、緑の中で清々しく鎮座しています。
 | HOME | Next »