2月24日・25日は奥州胆沢劇場へ

2018 02 14
胆沢の冬の大イベント、「全日本農はだてのつどい」は大盛況のうち、
無事終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

さて、続いてはもう一つの一大イベント、奥州胆沢劇場が
2月24日(土)、25日(日)に公演を控えています。
ただいま、チケット好評発売中です。
問い合わせ先:奥州胆沢劇場実行委員会事務局 (胆沢文化創造センター内) 
電話:0197-46-2133 

180224劇場
第34回奥州胆沢劇場 「角塚の疾風(かぜ)」は
平成30年2月24日(土)18:30開演
平成30年2月25日(日)13:30開演

一般1,500円(当日券1,800円)
高校生以下500円(当日700円)
ペア券(一般のみ、同一回公演有効)2,500円(当日券なし)
奥州胆沢劇場のWEBはこちらから→http://isawatheater.web.fc2.com/

奥州胆沢劇場 ポスター応募は12/26(火)が締め切りです!!

2017 12 21
2018年2月24日と25日に公演が予定されている第34回奥州胆沢劇場、
演目は『角塚の疾風(かぜ)』に決まり、現在ポスターの募集が
行われています。
締め切りは12月26日(火)です。どうぞお早目にご応募ください。
171220ポスター
ポスター募集要項
1.応募規定
(1)使用する画材は自由とします。大きさは縦85cm×横60cm以内とし、
縦長に使用してください。
(2)ポスターには、文字を入れないでください。
2.応募方法
(1)応募点数の制限はありません。
(2)作品の裏に、住所・氏名・年齢・電話番号・学生の場合は学校名を記入して、
胆沢文化創造センターに提出してください。グループでの応募の場合は、グループ名及び
代表者の住所、氏名、電話番号を記入してください。
3.応募資格
(1)個人・団体・プロ・アマは一切問いません。
(2)奥州市内に居住する方、又は奥州市内に通勤・通学されている方とします。
4.しめきり
平成29年12月26日(火)17:30まで
5.審査方法
①小学生の部、②中学生・高校生の部、③一般の部に分けてそれぞれ最優秀賞・優秀賞・佳作を選定します。
6.表彰
入賞者には後日行う表彰式で、賞状と副賞を贈呈します。
7.応募作品の取り扱いについて
(1)応募作品は、ポスターのほか、パンフレットなどの図案として使用します。
(2)応募作品は公演当日会場に展示します。
(3)応募作品は返却いたしません。
(4)応募作品の著作権は奥州胆沢劇場実行委員会に帰属します。
8.お申し込み・お問合せ先
〒023-0401 岩手県奥州市胆沢区南都田字加賀谷地1-1
奥州市胆沢劇場実行委員会事務局(胆沢文化創造センター内)
TEL0197-46-2133 FAX0197-46-2135
休館日:月曜日 窓口受付時間9:00~17:30

第34回奥州胆沢劇場も始動!!

2017 12 14
2018年2月24日、25日の公演の
第34回奥州胆沢劇場
公演は「角塚の疾風(かぜ)」
( 原作:及川寿和)に決定し、
いよいよ本格始動したようです!!

2018胆沢劇場 (339x480)
ポスター募集、スタッフ募集も始まっておりますので、
どうぞ、ご応募下さい!!
http://isawatheater.web.fc2.com/

奥州胆沢劇場からのお知らせです!!

2017 06 18
平成30年2月公演を予定している奥州胆沢劇場からのお知らせです。
平成29年7月30日(日)を締め切りで胆沢劇場の原作を募集しています。
原作募集劇場 (354x500)
また胆沢劇場のさまざまなスタッフも募集しています。
キャスト募集劇場 (354x500)
住民参加による奥州胆沢劇場を一緒に作り上げていくスタッフです。

原作募集及びキャスト&スタッフ募集についての
詳しいお問い合わせは、http://isawabunso.com/←胆沢文化創造センターWEBサイトよりご確認ください。

奥州胆沢劇場は2月26日(日)

2017 01 19
170118劇場
第33回奥州胆沢劇場、『怒者伝』は平成29年2月26日(日)
午前・午後の開演が予定されています。

物語の舞台は戦中戦後、剣舞の継承にスポットが充てられているそうです。
プレイガイドなど詳しくは胆沢文化創造センターWEBサイトよりご確認ください。

今年の『全日本農はだてのつどい』は2月11日(土)開催します!!

2017 01 10
胆沢の冬の風物詩となっている
『全日本農はだてのつどい』は
平成29年2月11日(土)胆沢野球場特設会場
で開催されます。
2017農はだて
今年も厄年連によるつがい踊り、大俵引きをはじめ、
縄ないチャンピオン決定戦や大縄ない、大臼福餅つきなどイベント満載です。

そして今年は大俵が新しくなり、古い俵を燃やす福俵どんと焼きの年となります。

いよいよ本格的にまつりの準備が始まります。
今年も胆沢の全日本農はだてのつどいをお楽しみください!!

第33回奥州胆沢劇場ポスター原案募集開始

2016 11 29
第33回奥州胆沢劇場は原作に胆沢区小山の渡辺和也さんの『まつりの笛』が選ばれており、
この度演題が『怒者伝』に決まりました。
物語の舞台は戦中戦後、剣舞の継承にスポットが充てられているそうです。
20161125-__________________ (354x500)
あらすじを拡大。
あらすじ (500x384)

第33回奥州胆沢劇場ポスターの原案募集中です。
募集は平成28年12月25日(日)締め切りです。

☆お申込み・お問合せ先
〒023-0401 岩手県奥州市胆沢区南都田字加賀谷地1-1
奥州胆沢劇場実行委員会事務局(胆沢文化創造センター内)
TEL 0197-46-2133 FAX 0197-46-2135
休館日:月曜日 窓口受付時間:9:00~17:30

詳しい募集要項は胆沢文化創造センターWEBサイトよりご確認ください。

第33回奥州胆沢劇場始動しています!!

2016 11 17
第33回奥州胆沢劇場のスタッフ・キャストを大募集中です!!
胆沢劇場2016
第33回の原作には胆沢区小山の渡辺和也さんの『まつりの笛』が選ばれており、
その原作をもとに脚本の作成が進められています。
郷土芸能を軸にしたストーリーということですので内容が楽しみですね。

スタッフ・キャスト募集については奥州胆沢劇所WEBサイトからもご覧ください。
 http://isawatheater.web.fc2.com/

奥州胆沢劇場、ランスルーに潜入

2015 02 11
奥州胆沢劇場もいよいよランスルー(通し稽古)を行うということで、
会場である胆沢文化創造センターの大ホールに潜入してきました。

会場に入ると、舞台の上ではバミリ最中、家の位置などの確認が行われていました。

舞台背景もセットされ、本番さながらの中で、
今回の『黄金の稲穂 -不撓不屈のニノ台の民-』の通し稽古がスタート、
舞台の冒頭は・・・
15020802.jpg
涙なしでは見ることができない、そんなお芝居が完成しそうです。

今回の胆沢劇場では、
・31回記念オリジナルエコバッグ(みさござえもん)が1,000円で
・31回記念手ぬぐいが200円で販売されるということです。
コチラは当日劇場を見にいらした方限定、早い者勝ちという貴重なグッズです。
15020805-1.jpg
15020803.jpg
エコバックのサイズは、縦37㎝、横36㎝、まちの部分は11㎝と使い勝手も抜群!!

また今年はペア鑑賞券が販売されており、お得なチケットに人気が集まっているとのこと、
今年も奥州胆沢劇場の熱気が広がり始めています。

今年の劇場は
平成27年2月22日、午前、午後の2回公演、会場は胆沢文化創造センターです。
 
前売り券・全席自由
 一般:1000円
 高校生(18歳)以下:500円
 (当日券は200円増となります)
 ペアチケット:1700円
 (一般券を2枚買うより300円お得!
  但し、同一回での鑑賞となります)

 奥州市内・金ヶ崎町各プレイガイドにて、前売り券好評発売中!
チケットは各プレイガイドでお求めください。
詳しくは奥州胆沢劇場WEBサイトからご確認ください。  

第31回奥州胆沢劇場は『黄金の稲穂』

2015 01 22
平成27年2月22日(日)に公演が予定されている第31回奥州胆沢劇場、
今回は『黄金の稲穂(はな)~不撓不屈の二ノ台の民~』
というタイトルでの公演となり、年明けから練習がスタートしているようです。
胆沢劇場H27 (449x640)
ストーリーは、案内所ブログでもなんどか取り上げている『葦名堰』、
開削当時の村人たちの葛藤や思いがつづられています。
詳しいストーリーは、奥州胆沢劇場WEBサイトからご覧ください。

また、胆沢まるごと案内所ブログでご紹介した葦名堰関連記事もご覧ください。
2014/08/11 葦名堰史蹟一般公開に向けて
2013/10/17 二の台堰最終受け込み
2013/05/14 水の歴史『葦名堰』を歩く・・

スタッフ・キャストのみなさんは今年も忙しい季節となりましたね。
2月の舞台に向けて、くれぐれもお体大切にしながら、頑張ってください。
今年も最高の舞台となることをご祈念しております。
 | HOME |