いさわ路探訪 紅葉の胆沢扇状地から衣川へ

2018 11 05
10月25日(木) いさわ散居ガイドの会主催のいさわ路探訪が開催されました。
今回は『紅葉に染まる胆沢扇状地と、おとなり衣川史跡を巡る』とし、晴天の中開催することができました。

今回もみずさわ観光物産センターアテルイから出発
楽しい探訪になりそうです。
20181025ツアー1

胆沢の散居、エグネ、キズマをバスから見学しながら衣川へ。
まずは一首坂
ここからは、衣川の高橋さんにガイドをお願いしました。

一首坂は前九年合戦で源義家が「衣の館はほころびにけり」との呼びかけに、安倍貞任が「年を経し糸の乱れの苦しさに」と読み返したことから由来する坂です。

20181025ツアー2

句を詠んだとされる場所にはそれぞれ義家、貞任の岩があるのですが、義家の岩が無くなった時もあったそうです。
いまは無事に元の場所に戻ってきていますよ。

20181025ツアー3
「なんだこれは?」
下を見ながら歩いていると気になるものが見えます。
これは義家が貞任を馬で追った当時の様子が蹄鉄で再現されているんですよ。

20181025ツアー4

次は磐神社
延喜式神社の一つで安倍氏の守護神 荒覇土神を祀っており,男石大明神とも呼ばれています。
20181025ツアー5

こちらが男石です。
ここは来るたびにとてもパワーを感じる場所なのです。
もともとは女石と一つの石だったそうですよ。
20181025ツアー6

こちらが松山寺境内にある女石神社です。
20181025ツアー7

女石は割れているんです。
この二つが同じ岩だったなんてかなり大きいですね。


次は安倍館
少し手前から降りて歩いていきます。
20181025ツアー8

忠頼、忠良、頼良の三代の居館があったとされる場所。
この脇の道から上へ行くこともできるのですが今回は下での詳しい説明を。
この場所を選んだのもこの地形を利用できたからなんだろう。
とうなづきながら説明を聞いていました。

この反対側では多くのかわらけが出土したこともあり
当時の状況も分かってきました。
20181025ツアー9

こちらは業近柵
来たくても何処なのか分からなかったとの声も多かったこの場所。
当時は今よりも木が生い茂っていたので今よりも見えにくく
逃げやすかったようです。
20181025ツアー10

午前最後は長者ケ原廃寺跡
金売り吉次のお屋敷跡になります。

20181025ツアー12

とても広い場所に石が点々と置いてありここに柱が建っていて…などと
資料と照らし合わせながら皆さん興味深そうに眺めたり歩いてみたり。

20181025ツアー16


午前は本当によく歩きお腹もペコペコ。
昼食はんめぇがすと
炊き込みご飯とすいとんがとっても美味しかったんです。
写真も撮り忘れるほど(゚△゚;ノ)ノ

お腹も満たし、午後は『歴史ふれあい館』で青凜会のお二人の講談です。
実はこの日のガイドをお願いした高橋さんも青凜会の事務局長さんなんです。

まずは横山ひろ凜さんによる前九年合戦の章
先ほど見てきた各場所を思い浮かべながら口演に聞き入り、
声色を変えながらの噺は楽しくあっという間でした。
20181025ツアー13

お次は神楽正司さんの後三年の合戦の章
現代の話題や歌を交えながらのお話は笑いやため息の連続。
20181025ツアー14

一時間近くの講談もあっという間に終わってしまいました。
歴史が苦手な私も講談でなら楽しみながら覚えられたのに…と学生時代を悔やみました。

同じ奥州市でも知らない事ばかり。
今回のツアーも皆さまから「楽しかったですよ。」、「いやー、来てよかった。」とのお声をいただき
私たちも楽しくこのツアーを過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

最後に講談師の方も一緒にパチリ

20181025ツアー15

いさわ路探訪 開催します!

2018 10 06
いさわ散居ガイドの会主催、秋のいさわ路探訪 
10月25日(木)に開催します((⊂(^ω^)⊃))

今回は胆沢扇状地を通りながら、おとなり衣川へ
奥州衣川 清凜会の講談を楽しみます!
前九年合戦関連史跡をガイド案内で巡り、
その後、講談で歴史背景を紐解いていきましょう。

20181006チラシ

探訪詳細は
日時   10/25(木) 9:00~14:40
      9時前に水沢観光物産センターアテルイにお集まりください
ガイド料 1人当たり 3000円
定員   25名   締切日は10/22
      (定員になり次第締め切ります)
      動きやすい服装でご参加くださいね。

本日から参加者を募集します!
みなさん、いさわ散居ガイドの会と賑やかに散策しませんか?


申し込みは 胆沢まるごと案内所
        0197-46-0360
        (9:00~16:30 水曜定休)

初めてのツアーへ行ってきました

2018 07 06
『まだ見ぬ! 胆沢ダム直下、胆沢第一発電所見学と金ヶ崎を巡る』と題し、
6月28日(木)
一週間心配していた雨予報も何処へやら
雲がかかってはいるけれど 最高のツアー日和になりましたv(o゚∀゚o)v

はじめは金ヶ崎六原にあります軍馬の郷六原資料館
明治時代に建てられた旧陸軍の支部長官舎
当時でも珍しい洋風建造物ですが、平屋造りでさらに貴重なものとなっています。
特別に冷蔵庫として使われていた床下も見せて頂きました。

20180628ツアー2

20180628ツアー3

20180628ツアー4

当時軍馬のための広大な農場が今の県立農業大学校や岩手県立花きセンターとなっています。
花きセンターでは珍しい植物やおいしそうな果実を前に皆さんの目がキラキラしていました。

バスに乗り込み車中から千貫石ため池をながめながら、おいし観音へ。
十九歳という若さで牛と共に人柱にされたおいし。その霊が枕元に立つなど様々なことが起こったため
関係者により昭和五十一年慰霊碑を建立されました。

20180628ツアー7

悲しい過去のはなしを聞き皆で手をあわせてきました。

たくさん歩いた後は駒子の湯さんでのランチです。
豪華で美味しいお料理にお腹いっぱいでした。
…が、ここは別腹発売したばかりの和光の生乳ジェラートも食べないと!

20180628ツアー8

あっという間に完食しましたあっさりでどんどん食べられそうです(*´~`*)

午後は眠気と戦いながら 奥州湖眺望台へ。
雲がかかっていたものの見事な眺めに目を奪われました。

つぎは最終目的地 ダム直下の胆沢第一発電所
20180628ツアー10

ガイド共々初めての見学地でした。
管理をしている電源開発さんのお話では、管理している施設の中で一番古いのは胆沢変電所(旧 胆沢第一発電所)、
最新の施設は胆沢第一発電所だと聞き、誇らしい気持ちになってしまいました。
内部は想像していたよりもはるかにおおきな装置がありいろんな角度からじっくり見ることができました。

20180628ツアー11

20180628ツアー12

今回、緊張しながらの初めてのツアーでしたが参加者の皆さまからたくさんの喜びの声をいただきました。
次回も皆さまに楽しんでいただけるツアーを組んでいきたいとおもいます。

20180628ツアー13

おいし観音とパチリ











本日 いさわ路探訪開催

2018 06 28
天気予報は☂雨…今週は雨…
いさわ路探訪は雨かぁと思っていたら。

今日は晴れましたヽ(≧∀≦)ノ
20180628ツアー朝
金ヶ崎 軍馬の郷六原資料館、岩手県立花きセンター
千貫石ため池・おいし観音 昼食は駒子の湯
午後は奥州湖眺望台と胆沢第一発電所見学!
20180628ツアー朝1
みなさん楽しんできてくださいね(^u^)

いさわ路探訪 参加者募集!

2018 06 14
いさわ散居ガイドの会主催、6月いさわ路探訪のご案内です。
平成30年6月28日(木)
『まだ見ぬ!胆沢ダム直下、胆沢第一発電所見学と金ヶ崎を巡る』

胆沢ダム直下にある第一発電所はどんな働きをしているのか?
電源開発の職員による説明付きで見学します。
その他、金ヶ崎の軍馬の郷六原資料館、岩手県立花きセンターなど
胆沢と金ヶ崎の深緑を楽しみながら学ぶいさわ路探訪です。
いさわ散居ガイドの会、ゆかいなガイドとわいわい探訪しませんか?
20180614ガイドの会ツアーチラシ

☆平成30年6月28日(木)開催 午前9時から午後3時
☆ガイド料 一人当たり2,900円
☆定員 25名 (申込締め切りは6/25)

詳しいお問合せ/お申込みは↓↓
胆沢まるごと案内所 0197-46-0360(水曜定休)

みなさまお誘い合わせの上ご参加くださいねヽ(≧∀≦)ノ

 

いさわ散居ガイドの会

2018 04 28
今日は水沢の日高火防祭り前夜祭、
明日は本祭です。 水沢の街中は交通規制されていますので、
通行の際はご注意ください。


いさわ散居ガイドの会
ガイド依頼承ります。
20180427胆沢ダム1
この日は一関からバスでお越しの16名様をご案内。
散居集落、扇状地、エグネ、キズマ、徳水園、胆沢ダムを案内しました。
20180427胆沢ダム2
いさわ散居ガイドの会は年2回のツアー企画の他
胆沢のガイド活動をしています。 

ガイド料金は4時間まで 2,000円 4時間以上 4,000円
(1週間前に予約が必要です)
お申込み、お問い合わせは「胆沢まるごと案内所」まで
℡0197-46-0360 (水曜定休)


4月28日~5月6日(10:00~16:00)
胆沢ダム管理支所前では特産品の販売をしています。
胆沢の産直さんが販売していますよ。

お天気、ドライブ日和☀
胆沢へのんびりお出かけください


いさわ路探訪(10/30)開催しました!

2017 11 03
『いさわ散居ガイドの会と行く!江刺研修』
平泉藤原氏ゆかりの地をめぐる

10月30日(月)恒例の10月ツアー開催しましたよ。

今回で24回目となる「いさわ路探訪」 胆沢の名所や旧跡などを探訪してきました。
参加者のみなさんから「江刺を探訪したい!」という声を沢山いただいていましたので、
今回は胆沢を飛び出し江刺区へ!

最初は源休館跡
江刺区伊手小学校の校庭奥手あるんですよ。
義経は北に向かって平泉を脱出したのか?
兄、頼朝から追われる身となった源義経、平泉を脱出した義経主従がその途中しばしこの地に滞留したという伝説の一つ。
20171030ツアー1 20171030ツアー4
スギ林の中に巨石からなる古社
みなさん「こんなところに~?」「おおきい石ね~!」
と驚き、巨石の後までぐるっと回ってみていました。

この石は最初、一つっだたのではないか?義経はどのようにここに滞留したのか?
たくさんの思いをみなさん楽しそうに話していました。
20171030ツアー2 20171030ツアー3

平泉を脱出した義経主従が立ち寄り、白粟五升を求め、炊かせて空腹を満たした(伝説)という
弁慶屋敷跡
この跡地近くの家の屋号は弁慶屋敷だそう。
かつては弁慶が住んだこともあることから弁慶屋敷よも呼ばれるようになったと伝えられています。
20171030ツアー5

次は五位塚
藤原氏3代の祖となった藤原清衡の父親でもある経清の墳墓といわれています。
20171030ツアー8 20171030ツアー6
名称も経清が現在の宮城県亘理町周辺を支配していた時、国府の五位という位にあった役人だった事が由来しているとされています。
20171030ツアー7

豊田館跡
安政3年(1774)建立の「豊田城址碑」碑文には「藤原経清の居館豊田城跡で嫡男清衡誕生の地である」と記され、
清衡の父(経清)と平泉進出前の清衡の居館跡とされています。
20171030ツアー9
豊田館跡で記念撮影をしました
20171030ツアー10

昼食は江刺区川原町の
お食事処 くらしき で江刺名物あんかけうどんを食べましたよ。
午前中は沢山歩いたので、ゆっくり休みました。

午後は
益沢院跡
豊田館時代清衡祈祷寺、金銀字写経の中心工房ともいわれています。
20171030ツアー12 20171030ツアー11

向山と館山を結ぶ夢乃橋
下から眺めたことはあっても、実際に渡ったことがある人は少ないのでは?
20171030ツアー13 20171030ツアー14
夢乃橋を渡り、岩谷堂城址散策へ
20171030ツアー15 20171030ツアー16

ちょこっと寄り道
旧岩谷堂共立病院 明治記念館
近代医学を取り入れた西洋式病院として明治8年に創設された旧岩谷堂共立病院。
岩手県指定有形文化財になっています。
20171030ツアー17 20171030ツアー18

江刺探訪を楽しみ、みずさわ観光物産センターに戻ってまいりました。
20171030ツアー19

参加者25名 今回も満員御礼 いつもありがとうございます。


あいにくの雨模様ではありましたが、散策場所につくと雨がやみ
いさわ散居ガイドの会の日頃の行いの良さで晴れたね~と笑いながら
(いやいや参加者みなさまのおかげです)
にぎやかないさわ路探訪は無事おわりました。

次回のいさわ路探訪は6月の予定です。
次はどこへ行きましょう?次回もお楽しみに~♪(o・ω・)ノ))

いさわ散居ガイドの会!江刺研修開催します。

2017 10 09
いさわ散居ガイドの会いさわ路探訪開催のお知らせです(^∇^)ノ
10月はとなりまち探訪江刺研修です。
20171003チラシ

いさわ路探訪参加者のアンケートに「江刺を探訪したい」という声が多くいただいていました。
今回、みなさんの希望にお応えして江刺をめぐることに決定しました。
江刺伊手・源休館跡から弁慶屋敷跡、五位塚、豊田館跡等
平泉藤原氏ゆかりの地をめぐります。
10月30日(月)午前9時~午後3時
ガイド料:お一人2500円(昼食含む)
足場の悪い所を歩きますので、動きやすい服装でご参加下さいね。

お申し込み/お問い合わせは
胆沢まるごと案内所まで 電話0197-46-0360(水曜定休)

※申込み締切りは10月26日(木)まで 
 定員になり次第締め切りますので、お早めにお申込みください。

祝・いさわ路探訪マップ完成しました。

2017 09 24
胆沢のボランティアガイドとして平成15年から活動をしている
いさわ散居ガイドの会
結成から欠かさず、毎月1回の定例会、平成17年からはいさわ路探訪ツアーを年2回、
そして全国からのガイド依頼にも対応しながら、地道に活動しています。
胆沢まるごと案内所もガイドの会の皆さんのサポートがあってこそ、
なんとか職員二人でまわしていけるのです。感謝感謝
170921パンフ
現在6名で活動しているいさわ散居ガイドの会が今回、
いさわ路探訪マップを作成しました!!
パンフ2017
17マップ
広げるとA3判の大きさで内側には胆沢区の史跡マップが、
表には、各史跡などの簡単な説明も記載しています。

胆沢を訪れる皆さんが手に取って、
目的地までスムーズにいくことができるように、
また
地元の皆さんがこの地域の歴史や文化を
再確認できるきっかけになるように、
そんな願いを込めて発行いたします。

胆沢まるごと案内所に置いていますので、
皆さんも手に取ってご覧くださいね。


編集にあたり、長年奥州市の学芸員を務められた
佐々木いく子様にご協力いただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

なお、作成・編集には十分気を付けたつもりではありますが、
間違い等ありましたら、どうぞご教示くださいますよう何卒よろしくお願いいたします。

今後主要施設等には配布を進めてまいりますので
今しばらくお待ちください。ヾ(o´∀`o)ノ


訂正箇所のご指摘いただきました。
⑥ ×カナダ産スプルズ材 → 〇カナダ産スプルス材
⑰ ×約200m上流 → 〇約2km上流
⑰⑳ ×貯砂フィルターダム→〇貯砂ダム

訂正してお詫びいたします。
今後配布する分については訂正して配布します。

ただいま作成中!!いさわ路探訪マップ!!

2017 09 08
いさわ散居ガイドの会では、
ただいま『いさわ路探訪マップ』を作成中です。
マップは広げるとA3サイズで、胆沢区内を収めています。

胆沢区内を案内する際に、説明するマップが無かったことと、
胆沢の観光パンフも作られていかなったことから、
いさわ散居ガイドの会で編集・作成し、近日中に完成予定です。
パンフ表紙

パンフマップ
区内の史跡等の簡単な説明も入れていますので、
完成した際にはぜひご覧くださいね。お楽しみに!!
 | HOME | Next »