水沢 天文台通りの三石碑

2017 08 22
奥州市水沢区の旧緯度観測所本館など4件が、
新たに国の登録有形文化財に登録されることになったといううれしいニュースは記憶に新しいところですが、
国立天文台水沢キャンパスの正門の前のY字路の真ん中に三石碑があります。
170821三石碑1
ここは旧仙北街道の追分碑が建つところで、
この道を右へ進めば仙北街道、左は化粧坂を通って衣川へと通じます。
170821三石碑2
170821三石碑7
三つの石碑が並びますが、向かって右は宝暦10年の馬頭観世音碑で
追分碑でもあります。
170821三石碑3
真ん中は五猿碑で、五匹の猿が彫られています。
「見ざる聞かざる言わざるの三匹の猿」と
下の二匹は
「御幣をもった猿2匹」が加わり神の使いでござる(五猿)と縁起を担いだもの」との記述もあります。
嘉永5年の建立です。
170821三石碑5
170821三石碑4
天保15年の庚申碑も道しるべが刻まれています。
170821三石碑6
三石碑の由来も記され、地域で大切にされてきたことが伺えます。

水沢への行き来にいつも通るこの道は古くから胆沢へと続いており、
細い路地と立ち並ぶ住宅が昔のままの街並みを残してくれています。

まほろばの里 増沢

2017 05 19
愛宕から衣川へ抜けるいちばんわかりやすい道路は県道37号です。
衣川の国見平温泉へ行きたいんだけど・・・と問合せがあるときは、
『愛宕の信号から、南にまがって道なりに。T字路にぶつかったら左へ。
少し遠回りになりますが、県道37号は国見平温泉の前を走る道路ですから。』
とお答えします。
170512増沢5
衣川に入ってぶつかるT字路を左へ進まず、右にいくと増沢ダムがあります。
ここはダム建設以前、明治から昭和30年代にかけて漆器作りがさかんだった増沢地区がありました。
170512増沢3
増沢ダムには説明板が設置されていて、ダムの説明とともに
うるしの道 と題された案内も記載されています。
そこ碑には『「望郷の碑」のデザインは往時の漆塗りの「ハケ」と「ヘラ」を模したものであり、永久に「うるしの道」への絆となることを併せて願うものです。』と記されています。
170512増沢1

ハケとヘラの下の碑文には次のように記されます。
望郷
 ここに立ち、四季を映す湖面を眺めていると、在りし日の増沢部落の豊かなたたずまいが浮かんできます。
 我が、まほろばの里。高桧能からの前川、衣の滝からの後川、この二つの川が合流する落合を囲むように、塗師、木地師を始め、民芸に秀でた人々による秀衡塗の工房が続き、商い人の往き来も繁く、木炭を焼き、馬を飼う、往時の七十世帯に及ぶ人々の暮らしがそれまで続いておりました。
 時移り、昭和二十二、二十三年のカサリン、アイオン台風による大洪水を教訓に、岩手県営による村内五か所の防災ダムの第一号として、この地が決まりました。よってダム建設による水没、開拓移転が始まり昭和五十年の地すべり発生による最終移転のやむなきに至り、ついに無人の里となりました。変遷極まりない時代に生き、この地に育まれた馥郁たる文化の里を偲ぶとき、その心情耐えがたいものがあります。
 このたび、衣川村制施行百周年にあたり、岩手県を始めとする関係各位の理解あるお力添えで、我がふるさとの永遠を念い碑の建立に至りました。 
 青山緑水の心の継承を併せ刻むものです。
平成元年十一月14日



隣には『増澤記念』の文字とともに大正拾壱年七月の年が記載された記念碑も建っています。
170512増沢4

増沢地区から多くが胆沢に移転し、そのほとんどが漆器作りから離れましたが、
現在唯一増沢塗を継承されているのが若柳の及川氏です。
及川漆工房で増沢塗の技を現在に伝えています。

増沢塗については過去記事からもご覧ください。
http://maru510.blog23.fc2.com/blog-entry-615.html

番外編!!平泉の旧国道4号桜並木 満開見ごろ

2017 04 20
昨日、4月19日、所要があり一関へ。
帰り道の旧国道4号。現在は県道300号となっているようですが、
道路沿いの桜並木が満開でとってもきれいでした
[広告] VPS

胆沢に戻ったら暴風雨(´;ω;`)せっかく桜が咲き始めたのに(´;ω;`)
どうりで北にはもくもく雲がおおってると思った(´;ω;`)

動画アップははじめてです。
うまくアップされなかったらすみません(;'∀')

衣川に巨大ツリーのイルミネーション

2016 12 24
161223ツリー2
奥州市衣川区の古戸まち。
交差点角にある15mのドイツトウヒに電飾が施されています。
衣川地区振興会と古戸農地と水管理組合による設置で
1月10日頃までの点灯ということです。

国道4号線から衣川荘の前を通る県道37号衣川花巻線を進むと
古戸の信号があります。
役場や診療所などが並んでいる通りです。
とても綺麗なので、車を止めて写真を撮っている人がたくさんいました。

今日はクリスマスイブ素敵なイブをお過ごしください


画像がよれよれで申し訳ありません。
イルミネーションの撮影はぶれぶれになってさっぱりきれいに撮れません(´;ω;`)

お好みの味探しのお手伝い 日本珈琲社

2014 03 13
胆沢まるごと案内所ではソフトクリームやコーヒーを販売しており、
お客様に休んでいただくための小さなカフェスペースがあります。

珈琲を飲まれたお客様からは
『おいしい珈琲ね』『豆はどこから仕入れているの?』などの
うれしいお言葉をいただくことも少なくありません。

案内所に美味しい珈琲豆を配達してくれ、珈琲の入れ方、その他喫茶に関するさまざまを
教えてくれているのが、水沢区宮下に店舗を構える㈲日本珈琲社さんなんです。
140307日本珈琲社6
ちなみに案内所におろしてもらっているのは、コロンビアブレンド。
まずはこちらからお試しあれという自信の銘柄ということ。
いつもは配達してもらうんですが、今回はこちらからお邪魔して、
美味しいとお褒めいただくコーヒー豆の秘密にせまりました!!

水沢公園の近く、国道397号からレンガ道をちょいと入るとそのお店はあります。
社長の坂本さんとメリー店長にお話を伺うことができました
140307日本珈琲社4
実はメリー店長、オールドイングリッシュシープドッグという種類のなんですわんっっ
定位置である赤いマットの上で、来店するお客様をお迎えしますが、
時々寝そべったまま動かないことがありますのでご了承下さい。

コチラの㈲日本珈琲社さんは
地方では珈琲という飲み物がまだ一般的でなかった昭和30年代に
先代である坂本社長のお父様が興された会社で、創業50年余りになる老舗です。

140307日本珈琲社5
140307日本珈琲社10
店内に入ると珈琲豆のいい香りがします。
よく見ると壁に備え付けられた
豆専用の大きなストック棚が。
この棚もココに店舗を移したときに、
大工さんに特別に注文して作ってもらったものとか。
長い歴史を感じさせるこの棚に、
自家焙煎をされた珈琲豆が並びます。

焙煎はべつにある工場で行い、それ以外の作業は全て
このお店で行われています。
ここ日本珈琲社は、
こだわりの自家焙煎と鮮度を大切にしているんです。
140307日本珈琲社9

発送の準備中・・・ブレンド、袋詰め、真空パック等全て手作業です
140307日本珈琲社3

焙煎は自分でやりたい!!という方のために生豆も取り扱っているという本格派。
140307日本珈琲社11 140307日本珈琲社1
珈琲を美味しく入れるための器具もそろっています。
ならんでいるのを見ているだけでも楽しくなってしまう、
珈琲という飲み物をあらゆる角度から楽しむための提案がなされています。

またお客様からのご要望にお答えして、紅茶等の茶葉も扱っています。
140307日本珈琲社8 140307日本珈琲社7
コチラも茶器からそろっています。香りを楽しむもよし、自分だけのブレンドティを楽しむもよし!!

日本珈琲社さんは一般の喫茶店やレストラン等に業務用の材料を販売していますが、
一般のお客様用にもネット販売、店舗販売をしています。
日本珈琲社さんの
美味しいコーヒー通販サイトはコチラから→http://www.cafejpn.co.jp/
楽天市場では奥州珈琲で販売しています→http://www.rakuten.ne.jp/gold/oushu-coffee/
140307日本珈琲社12

美味しい珈琲ねっていわれる案内所のコロンビアブレンドを
さらに美味しいねって言ってもらえるために、今回教えていただいたのは、冷凍庫で保存すること!!
買ってきた真空パックのまま、そして封をあけて使い始めてからも、
空気になるべく触れさせないように密封して冷凍庫保存すると
珈琲の香りも味もより長持ちして、美味しい珈琲をお出しすることが可能になるんだとか!!
早速今日から実践あるのみです
胆沢まるごと案内所の珈琲も是非飲みに来て下さいねお待ちしています!!

140307日本珈琲社13(有)日本珈琲社
〒023-0817 岩手県奥州市水沢区宮下町25
TEL 0197-25-2151 FAX 0197-25-2152
毎週木曜日定休
珈琲に関する様々なことを教えてもらえます。
それぞれの豆の特徴から保存方向、珈琲の入れ方など。
珈琲好きのかたは是非行ってみてくださいね。
お好みの味探しのお手伝い、
日本珈琲社さんなら安心してお任せできますよ。

㈲日本珈琲社さん、お忙しいところありがとうございました。
これからも美味しいコーヒー豆の配達、宜しくお願いします。
 | HOME |