広域農道の傍らの鼻かけ地蔵さま

2012 12 19
先日降り積もった雪はとけたので、根雪にはならなかったと安心・・・と思ったら
今朝12/19(水)はうっすら白く雪化粧の胆沢区。
今年は雪が多いかな?少ないかな?

カマキリが卵を産みつける高さで、雪の多い少ないが占えるときき、
卵探しをしましたが、見つけられませんでした。残念
************************************************

いつも通る道なのに、気がつかずにいることがたくさんあります。

このお地蔵様もそのひとつ。
小山ニの台長根の広域農道の傍らに佇んでいました。
隣の馬頭観世音碑が一緒です。

つる供養伝説をご存知ですか?

鶴を鉄砲で撃ち殺した猟師がその祟りで病気になり、
鶴を供養することよって完治したと言う伝説ですが、
鶴が撃たれ落ちた場所に建立されたのがこのお地蔵様ということです。
その鼻の石粉が子供の百日咳に効験ありということで顔の中央が削られ凹んでいました。
121203君のこと知らなかったよ
多くの車が行き交う広域農道。
冬は西風が強くふき、吹雪で前が見えなくなることもあります。
今年の冬はあまり荒れなければいいのですが

この鼻かけ地蔵様、今ではみんなの交通安全も見守ってくれているかもしれませんね

いちご大好き、サザンパークのいちご販売ももうすぐ

2012 12 08
冬はいちごがおいしい季節でもあります。
真っ白なクリームに真っ赤ないちご、クリスマスもいちごのケーキおいしいですよね。
なによりいちごは皮むきの必要がないから大好き!!(うんうん)
   オモシロ形のいちごくん、パクリと食べちゃったよ!!おいしーい!!

121203いちご3 121203いちご2 121203いちご1
いちごといえばサザンパークいちごえん、佐々木社長に今年の『いちご事情』を伺ってきました

現在早なりのいちごがあっちこっちに出始めましたが、本格出荷となるのは12月20日前後とのこと。
サザンパークいちごえんでは、『紅ほっぺ』と『さちのか』の2種類を作っているそうです

たっぷりの甘みの中に適度な酸味が調和してVeryGood
いちごのいい香りに包まれて幸せ気分たっぷり

9月の半ばに定植して約2ヶ月、美味しいいちごを育てるべく、
まごころ込めてお手入れしてきましたいよいよ出荷の時期が間近にせまっています
121203いちご
契約している市内のホテル等ににまとめて卸すほか、
奥州市内でお買求めいただけるのは水沢区はマックスバリュー、胆沢区ではひめかゆ、
そしてサザンパークいちごえんで販売するそうです。
販売の時期には、のぼりをたててお知らせするので、是非足をお運び下さい。
121203サザンパークいちご園

いちごの出荷はもう少し先ですが、ここでは『しいたけ』ハウスも管理しているんです。
しいたけは10月~5月いっぱいの出荷。
第1回目のピークを過ぎて、現在はいくらか忙しさも落ち着いた時期だそうです。
121203しいたけ部屋
しいたけハウスに入るのは初体験。もくもくと並んでいるしいたけはとってもかわいいものでした。
見てくださいよ、コノ肉厚しいたけくん。お鍋にも必需品だし、焼しいたけにもおすすめです
121203しいたけ3 121203しいたけ2 121203しいたけ1
121203しいたけ4 121203しいたけ5
こちらのしいたけは農協に出荷して、関東・関西方面へと流通するそうです。
『いわて純情しいたけ』何卒よろしくお願いします

市内では水沢区に10月にオープンした
東北最大級の産直『JA岩手ふるさと産直来夢くん』でお買求めいただけます。

とってもやさしい佐々木社長はじめ、対応していただきました従業員のみなさん、
ありがとうございました
これからの忙しい時期、雪の季節もやってきますが、寒さに負けず元気にお過ごし下さいね。
そして、美味しいいちご、しいたけを届けてください。これからも宜しくお願いします

サザンパークいちごえん
023-0402 奥州市胆沢区小山字小田切199
いちご販売時期は周辺に旗をたててお知らせします(12月20日前後)
 広域農道沿い。いさわ産直センターあじさいさんのすぐ北側のハウスが並んでいる所です。
 

胆沢ダム試験湛水開始(12/3)

2012 12 05
平成24年12月3日(月)胆沢ダム湛水式が胆沢ダム管理庁舎で行われ、
湛水の儀(仮排水トンネル閉塞ゲート降下)を行い、下段トンネルを通じて流れている
胆沢川の流れをせき止めました。式終了後は、市野々念仏剣舞が披露されました。 
 121203湛水式会場  121203市野々念仏剣舞
その後に一般開放された胆沢ダム堤体、多くの方が見学していました。
 121203堤体 121203堤体2
胆沢ダムからの眺めは素晴らしく、整備され一般開放される時が早くも楽しみです。
そして、胆沢ダムの大きさを改めて実感することが出来ました。

東方向、胆沢扇状地が広がります。
周辺は未整備、今後どのように整備されていくのか期待されます。
121203東 
西方向には石淵ダム、猿岩、そして雪の焼石連峰。
121203nisi.jpg
石淵ダムの姿が見えなくなるという風景を今はまだ想像できません。

来年の5月上旬頃にサーチャージ水位まで水位を上げ、
10月頃に最低水位まで下げる予定だそうです。

来年、国道397号の冬期通行止が解除され、秋田県への通り抜けが可能になる5月、
胆沢ダムの水位は最高位になっているんですね。
121203ダム
そしてこの洪水吐きから胆沢川へと水が流れる風景が来春には見られるのです。
 | HOME |