ここにも春待つ人・・・榎陶房

2013 03 21
陶房1
ここは若柳萱刈窪。

裏手にある作業場をのぞくと
趣のある薪ストーブに茶釜がかけられています。
さまざまな道具、丸太いす、作業台、
そしてたくさんの陶芸の作品。

寒い冬を越し、やっと春らしい陽射しが差し込むように
なってきた3月。
以前『榎さんの陶芸』でご紹介した榎陶房さんに
お邪魔し、作陶の様子や今後の予定などを伺ってきました。
昨年秋に朝日TV人生の楽園でcafeを営む陶房として、榎陶房とcafe萱刈窪が紹介されました。
その後のcafe萱刈窪は予想以上の大混雑。そして榎さんの陶芸作品、
現在も注文いただいたものの制作に忙しそうでした。

素焼きを待つ作品の中にわんちゃんのモチーフのカップを見つけました。
モデルは犬の「ダイちゃん」、cafe萱刈窪二代目看板犬になるべく特訓中です。
彼は
このダイちゃんカップは大人気商品。
この眠そうな(寝てる)目がダイちゃんの特徴なんですって。

冬の間も作陶は続いていました。
カップやお皿などが沢山並ぶ作業場、乾燥中のものや素焼きをまつ作品の中に、
ねこちゃんも発見。こちらは招き猫。お魚をくわえてご満悦です。
陶房3 陶房4
夜間は凍結防止のために乾燥中の作品を全てしまうそうです。
寒い冬は多くのご苦労があるんですね。
陶房5
だからこそ、春を心待ちにする想いと春を迎えた歓びはとても大きなものになるんだと思います。
陶房6
これらの作品は、これから素焼き→釉薬をかけて本焼と続きます。
一朝一夕ではできないもの造り。それだけに大切に手にとりたいものですね。

榎陶房さんのHP→http://www5b.biglobe.ne.jp/~enoki/index.html
陶芸作品についてはこちらのHPからご覧下さい。

cafe萱刈窪のオープンは4月の後半になるそうです。
近くなりましたら、胆沢まるごと案内所ブログでも
お知らせしたいと思っていますので、もう少々お待ち下さい。

『喫茶ぬくもり』でぬくもりのひとときを

2013 03 17
ぬくもりの家で『いさわ絵手紙作品展』が開催されているということで
お邪魔してきました。
まごころ病院や悠悠館と同じ複合施設内の
『胆沢高齢者総合福祉施設ぬくもりの家』。
喫茶コーナーやミニギャラリーがあり、地域交流スペースとなっています。
  社会福祉法人 胆沢やまゆり会 http://isawayamayurikai.com/
手紙1
絵手紙は 「いさわ絵手紙 雪椿の会」のみなさんの作品です。
雪椿の会では胆沢区内の一人暮らしの高齢者に月に一回届けられる配食サービスの
お弁当に季節の絵手紙やバースデイカードを添える活動や、
様々な場所に展示することによって、優しくほのぼのとした絵手紙の世界を
皆様に伝えています。

いさわ絵手紙 雪椿の会は
毎月2回第3金曜日、第4金曜日の午後7時~ 胆沢総合福祉センターで活動し、
第4金曜日はNHKカルチャーセンター講師馬場先生から指導を受けているそうです。

やさしい彩の絵に添えられた言葉にほっこりと心があたたくなる絵手紙展です。
是非ご覧下さい。 絵手紙作品展は4月4日までの開催となっています。

『喫茶ぬくもり』は絵手紙が展示されている交流スペースの一角で営業されています。
営業時間は10時~15時30分  祝祭日・土日曜日はお休みとなります。
悠悠館のプールやフィットネスをご利用の皆さん、まごころ病院にいらした皆さん、
病院の先生や看護婦さんなどたくさんの皆さんに利用されているそうです。

ちょっとどこかでコーヒーでも・・・というときには、どうぞ喫茶ぬくもりをご利用ください。
喫茶ぬくもり1
広々とした空間と優しい灯りの『喫茶ぬくもり』
メニューを見てビックリ!!ホットコーヒー¥105、トースト¥160、嬉しすぎます
喫茶ぬくもり2
ホットサンドやホットケーキもこんなにボリュームたっぷりで
とっても美味しかったです。ご馳走様でした
喫茶ぬくもり3
こちらの喫茶コーナーは、授産施設コスモスの家の皆さんによって営業されています。
コスモスの家行われている様々な授産事業のひとつ、さをり織りなどの展示もされています。
喫茶ぬくもり4
こちらは新商品さをりのブレスレットです。
コスモスの家のさをり織りについては
胆沢まるごと案内所ブログ過去記事
2012/11/30 : 陶芸・手芸 : さをり織りのあったかマフラーが素敵O(≧▽≦)O からご覧下さい。

ぬくもりの家の皆さん、喫茶ぬくもりの皆さん、ありがとうございました。
今度はゆっくりと午後のティータイムにお邪魔しますね

胆沢高齢者総合福祉施設ぬくもりの家
〒023-0401 岩手県奥州市胆沢区南都田字大持30番地
TEL.0197-46-5100 FAX.0197-46-5166
『喫茶ぬくもり』にはまごころ病院、悠悠館から入る事も出来ます。


春うらら 弁天堤跡

2013 03 11
暖かい日が続いたと思ったらまた大荒れ。
今日も強い風と雪の胆沢です。

今日で東日本大震災から2年。
復興へはいまだ道半ば。
これまでのたくさんの皆さんからの支援に感謝を申し上げるとともに
今後も東北を応援下さいますようお願い致します。

春めいた陽気が続いた先週の胆沢。
春うららの弁天堤跡。
弁天堤1
昔はここに堤があり、堤の中島に弁天様が祀られていたことから弁天堤、
この堤の下は小山字弁天堤下という地名となっています。

中島に祀られていた弁天様は明治初年に黄金山神社と名称を変更、
さらに明治32年この場所から200m東の山林に移転されています。
祭神は「市杵島姫命」で、祭日は9月14日。(安永風土記に4月14日)
関係者は朱塗りの船で往来し、多数の参詣人で賑わい、
後に朱塗りの太鼓橋をかけたと言う伝説もあります。

弁天堤・・・名前もなんとなく春っぽくいい感じですね。

 | HOME |