ILCの建設候補地は東北に!!

2013 08 25
8月23日(金)に東京大学を会場に開かれたILC立地評価発表記者会見で、
国際リニアコライダーの国内候補地を北上山地にすると正式に決定したそうです!!

日本では、福岡県と佐賀県にまたがる脊振山地と
岩手県の北上山地が国内の候補地にあがっていましたが
北上山地は南北に細長く花こう岩帯が広がり余裕をもった設計や建設が可能なことなどが高く評価され
岩手県の北上山地が国内の候補地に選ばれたんだとか!!

テレビや新聞などにも大きくとりあげられています!!
ILC.jpg

国際リニアコライダー、通称ILCとは
2020年半ばの完成を目指し計画が進められている「最先端の巨大な素粒子実験施設」のことです。

ILCの候補地は米国やヨーロッパなどもあがっています。

ILCが北上山地に建設されれば、世界中から研究者が集まる世界的な研究拠点となり
最先端の研究成果が期待されるほか、大きな経済効果をもたらすと試算されています。

若柳のアメダスを探して

2013 08 23
130822焼石連峰
今日は、暑さが落ち着くと言われる『処暑』
朝夕には涼しい風を感じる胆沢です。
22日の朝は焼石連峰が久々に姿を見せてくれました。

さてさて、この8月も暑い日が続き、

17日の新聞には、『若柳で最高34.1℃を観測』と載っていましたが、

若柳のどこで観測してるんだろうとおもい、探してみました
 『若柳のアメダス(地域気象観測システム)』

地図で見ると若柳地区センターの裏手にあるように見えるのですが、
行ってみても見当たらないので、センターの方にきいてみました。

すると供養塚の胆沢ダム工事事務所の裏手にあるよと教えてくれました。
じゃじゃーん。アメダス、だす
130822アメダス1 130822アメダス5

若柳では、
観測装置の種類: 有線ロボット気象計
観測種目: 降水量、気温、風向、風速、日照時間 が観測されます。

雨量計と細い柱にくっついてる小さい筒状のものがおそらく温度計
130822アメダス3 130822アメダス4
風向風速計と日照計
130822アメダス2 
各観測装置の種類は間違っているかもしれないのでご自身でもご確認下さい

若柳の気象データは
日本気象協会の tenki.jp
 →天気ガイド →アメダス から見る事ができます。

こんなデータがあるなら、夏休み・冬休みの『毎日の天気』は問題なしでござる

ひめかゆハーブの家

2013 08 18
焼石クアパーク ひめかゆ には5棟のバンガローがあります。
その名も「ひめかゆハーブの家」
バンガローの周りを数々のハーブや花が取り囲み、癒しの空間を演出してくれています。
バンガロー

バンガローの中に入れば、ウッドを基調とした落ち着いた空間と
スギの木の香りが心を落ち着かせてくれます。

広くて使いやすいキッチンもあるので、とっても便利!!
調理器具や食器、冷蔵庫に炊飯ジャーやポットまで何でも揃っています。

バンガロー3 キッチン

バンガローには広々としたデッキもあるので、大勢でバーベキュウなんかにも最適です。
二段ベットや、お布団も完備されていますので、気軽にご利用いただけます。

もちろん日帰りでのご利用も可能です!!
日帰りは午前10時~午後3時までとなっておりますので
ゆったりとした休日をお過ごしいただけます。

日帰りの場合、1棟最大10人まで利用可能!!
この夏は、ご家族皆で、お友だち同士で大勢誘ってバーベキュウなんていかがでしょ♪


バンガローの空き状況など
詳しくはハーブの家管理棟、または 焼石クアパーク ひめかゆ まで

ハーブの家管理棟
TEL 0197-49-2075

焼石クアパーク ひめかゆ
TEL 0197-49-2006

涼しい風通る穴山堰

2013 08 12
若柳字萱刈窪から横沢原に抜ける道沿いにひっそりと『穴山堰』の案内があります。
130809穴山堰1

案内板には
『この堰は、いつ誰が開削に着手したのかは不明ですが、
今から四五〇年~五〇〇年前には出来上がっていたと推測されています。
胆沢川から取水し、胆沢西南部を通過し前沢町まで通水したと伝えられています。
岩盤をくり貫き巨大な礫を取り除いて作られたトンネル水路は、
当時の技術として考えると驚異的と言われています。』(平成十一年三月)
と記されています。

道路の東西、堰の廻りは綺麗に整備され、キレイな水を流していました。
130809穴山堰2
トンネル水路を地元では穴山と呼びますが、穴山堰は旧国道397号馬留橋近くの胆沢川から取水、
トンネル水路二ヶ所を経て、市野々で下堰と上堰に分かれています。
ここ萱刈窪方面に流されたのは上堰。
宮坂入口から中位段丘面の礫層の礫を抜きとった『穴山』を通って流れてきます。
130809穴山堰3

先の案内には着手は不明となっていますが、
伝承によれば照井三郎によって開削されたとも言い伝えられています。

涼しい風が通る穴山堰、昔から変わらぬ風かもしれません。

お盆料理の一品にどうぞ。

2013 08 11
やっと夏らしくなった胆沢区。でももう立秋を過ぎ、暦の上では秋なんですね。

お盆も近づいてきて、帰省客をお迎えする準備にも忙しくなってきた頃と思います。

毎月第一水曜日に開かれている渡辺貞子さんのお料理教室、
今回はお盆に作りたい三品を教えていただきました。

一品目は『なす』、今が旬の食材ですね。調理法がマンネリ化してきます。
二品目は『やき麩』、水で戻して使います。
三品目は『吉野くず』、これは必ず『吉野くず』を使ってくださいとのこと!!
さぁ、なにができるんでしょう!!
食べることが一番の楽しみもちろん、少しでもお料理の腕が上がることも期待してます
130807001.jpg130807002.jpg130807005.jpg
吉野くずで作るのはくるみ豆腐です。
精進料理などで作られていたゴマ豆腐やくるみ豆腐。
冷やして固めなければなりませんので、一番初めにとりかかります。
くるみは軽く炒ってすり鉢ですります。
130807006.jpg 130807007.jpg 130807008.jpg
丁寧に裏ごしし、くるみの残りが少なくなるまで、する、裏こすを繰り返します。
うらごしはなるべく目の細かい物で。そうしないとざらざらした舌ざわりになってしまいます。
鍋にくず粉、砂糖を加え、水を少しずつ入れて良く混ぜ合わせて、裏ごししたくるみを混ぜたら、
鍋の底から練り混ぜ、火にかけます。焦げ付かせないよう混ぜながら火にかけ、弾力が出たら、
水にぬらした型に入れ、冷やし固めます。
130807009.jpg
型に入れた後、ちょんちょんとへらでさし、中の空気を抜きます。
つゆは、だし汁、みりん、薄口しょうゆ、塩をいれひと煮立ち、さましておきます。

次は、『なす』、この日の朝採ってきたばかりのつやぴかの『なす』、すでに美味しそうです。
ヘタをきって、縦に六つ割りにして水にさらしてアクを抜きます。
しばらく置いてアクを抜いたら、水気をふき、油であげます。
130807003.jpg 130807014.jpg 130807011.jpg
だし汁、砂糖、しょうゆ、みりんで作りひと煮立ちさせ、冷やしておいた煮汁に、
揚げたなすを漬け込んでおきます。

ここでは必ず一番初めにだし汁を作っておきます。
だし汁は、水、だし昆布、花かつおでとります。そのおいしいだしが、
各お料理に使われます。

続いては、『やき麩』です。
水に戻して、水分をちゃんととり、一口大に切ります。
130807004.jpg材料は、ショウガのすりおろし、しょうゆと酒です。
これって何かを作るときの味付けですよね。
さてなんでしょう?

水気をきった麩に先のしょうが、しょうゆ、酒を
混ぜあわせて味をつけます。

そして、片栗粉をまぶし、油で揚げましょう。二度揚げするとさらにかりっと綺麗に揚ります。
すると、じゃじゃーんまるで『鳥の唐揚げ』でしょう!!
130807010.jpg
味も食感もまるで唐揚げ、お肉が苦手な方にもお薦めです。

そして、参加するお母さん達からの差し入れもこの教室での楽しみのひとつ。
今回は枝豆ときゅうりのお漬物、いただきました。
130807012.jpg
きゅうりを切って塩を振っただけ、ふのりを入れただけ、といいますが、
そのやわらかな塩加減、ふのりを加えるアイディア等もとても勉強になります。

本日のランチメニューは、麩の唐揚げ、なすの煮びたし、くるみ豆腐の三品です。
130807013.jpg
どうぞ召し上がれ はい、いただきます。

色鮮やかでやわらかな食感のなすの煮びたしは、冷蔵庫で冷やして食べたい一品。
きちんと取っただしの風味がいつもより上品な味に仕立てています。
細切りのショウガを添えていただきます。 

鳥の唐揚げにも引けを取らない麩の唐揚げ。
この初めての出会いに感謝したい気分です。

そして、くるみ豆腐。つゆをかけて、わさびをのせていただきます。
なめらかでやわらか、この手作りの味を知ったら売っているものはもう食べられないとか。

やさしいおふくろの味でお客様をお迎えしたいですね。
お盆料理の一品に、今回ご紹介したお料理をどうぞ加えてみてください。

前回の記事もご覧下さい。
2013-03-27 渡辺貞子さんがつたえる おふくろの味 

産直いさわ あぐりキッズの手作りところてん

2013 08 08
産直あぐりキッズさんの店頭には、天草(テングサ)が売られています。

「天草」とひとくくりに言っていますが
実は日本近海だけでも約20種類もの天草が生存しているんだそうです。
そんなに種類があったなんて驚きです!!
主にマクサと言う種類の天草が出回っているみたいですけどね♪
紅藻類テングサ目テングサ科に属する海藻となんだか長い名前に属している天草
店頭に売られている天草はあめ色ですが、海中で生育しているときは赤紫色をしているんだとか。

赤紫色の天草は、水洗いされ~天日乾燥され~を何度も繰りかえし行われることにより
赤みが抜けて黄色いあめ色になっていくんだそうです。
保存性を高め、より美味しいトコロテンを作るためには欠かせない重要な作業なんだそうです。
801天草 801天草1

そんな天草、今ではあまり見かけなくなりましたが
昔はお盆時期になると何処のスーパーでも売られていたんだそうです。

お盆と言ったらトコロテン!!お墓参りのお供え物にもトコロテン!!と
大活躍していたトコロテン、昔は何処の家庭でも手作りされていたものなんだそうです。

トコロテンは作るのに時間や手間がかかるため
今では手作りされる方が少なくなってしまったんだとか・・・

そんな手間隙かかるトコロテンですが、やっぱり手作りは格別!!
香りや食感は手作りならでは!!

そんな美味しい手作りトコロテンを販売しているのも、産直いさわ あぐりキッズさんです♪

今日はあぐりキッズご自慢のトコロテンを作ると言うことで、見せていただきました。
いつもトコロテンを手作りしていらっしゃる渡辺さん。
今日も美味しいトコロテンを作ってくれます。


材料は天草とお酢のみ!!
天草を流水でよく洗い、ゴミなどを取り除きます。
次に鍋に天草と水、お酢を少々加え火に掛けます。
沸騰したら弱火で40分~50分煮ます。
後は目の細かいザルでこし、型に流して冷蔵庫へ!!
2~3時間冷やして完成となります。
801天草洗い 801ところてん1
ザルでこし終えた天草を使って、再度トコロテンを作ることが出来るんだそうです!!
2回~3回ほど使えるらしい天草。まさにエコ♪
渡辺さんは、無駄にしない!!昔のお母さんたちの知恵だよ♪と教えてくださいました。

801ところてん完成品
出来上がったトコロテンは、ごろっと大きなブロック形に切られ
一つ一つ袋分けにされ売られています。

大きなトコロテンはお好みの大きさに切ってお召し上がりいただけます。
少し大きめに切れば食べ応え抜群!!
香りや食感をより一層お楽しみいただけるのではないでしょうか?!
801ところてん
あぐりキッズの手作りトコロテン!!やっぱりファンも多くいらっしゃるようで
お盆前は予約も沢山♪まさに人気商品の一つです!!

801ところてん2
関西地方の方は、砂糖や黒蜜をかけてデザート感覚で食べるのが一般的なんだそうです。
けれど私はやっぱり、トコロテンは酢醤油でサッパリいただきたいです!!

皆さんは、何を掛けて召し上がりますか??

何を掛けても、やっぱり手作りが一番!!!
ご自宅で作りたい方も、手作りトコロテンが食べたい方も産直いさわ あぐりキッズへ行けば解決!!
さぁ~皆さん!!今日の夕飯はトコロテンに決まりでしょ♪


産直いさわ あぐりキッズ
〒023-0401 奥州市胆沢区南都田字本木127
TEL:0197-46-2632
営業時間      
平  日 :10:00~18:00
土,日,祝:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日
ホームページアドレス:http://www6.ocn.ne.jp/~isawa/
 | HOME |