一本松の馬頭観世音碑

2013 11 27
国道397号沿い、若柳一本松西田屋さんの東に3基の石碑が建っています。
ここの碑は、胆沢区内でもっとも古い馬頭観世音碑で文化3年(1806)に建立されています。
131125馬頭観音1
まん中の碑は庚申碑でこちらも文化3年(1806)の建立です。

幕末から昭和にかけて盛んに建碑されたのには、馬と人間との共同生活があったからで、
馬や牛が老いて死ぬまで家族同様に扱い、亡くなってからも供養の意味で石碑を建てたのでしょう。
131125馬頭観音3 131125馬頭観音2
胆沢町史から抜粋すると
・・・・・・
当時の馬頭観世音の本来の姿から馬牛などの傷死を含んで習合の形の馬頭観世音に変えて
路傍や宅地内に石碑が建てられている。
町内にみられる「馬頭観世音、馬頭碑、馬明王、馬櫪神、牛頭碑」と彫られたこれらの石碑は、
馬頭観音堂崇拝だけでは飼い主の心納まらず、農耕中あるいは厩舎で傷死や病死させた自責の
苦悩から逃れて昇天を祈り供養碑をたてたものだろう。
・・・・・・
とあります。

いまでは牛や馬を飼うところも少なくなってきましたが、
昔は家族同様大切に扱われてきた馬や牛、
その為区内にはたくさんの馬頭観世音碑が残されています。

胆沢ダム竣工  胆沢扇状地に広がる夢

2013 11 20
胆沢ダムの竣工式が11月16日(土)胆沢ダム管理庁舎で執り行われました。

ダム竣工式
来年4月からは本格稼動が予定されています。

竣工式を間近に控えた11月半ば、胆沢ダム周辺の観光資源視察に同行させてもらい、
ダム右岸の展望台へ行ってきました。
ここはまだ周辺工事中のため一般の立ち入りは禁止されています。


戦後の石淵ダム建設、そして平成の胆沢ダム建設、これらの建設は、
生まれ育った山や川がある暮らしから移転を余儀なくされた方々の犠牲の上にあるものですが、
同時にこの地域の人々に大きな夢を抱かせた事業でもあったと思います。

そしていよいよ昭和58年の実施計画調査開始から約30年を経て、胆沢ダムが完成しました。
かんがい用水の補給、水道用水の供給、水力発電、そして洪水調節など、
多くの役割をもち、奥州はもとより岩手県南の暮らしを支えることが約束されています。

その胆沢ダムの役割を伝える事と共に、自然環境にも最大限の配慮をして建設された胆沢ダム周辺の
美しい景観、その素晴らしさをどう伝え、どう守り続けていくか、
そのビジョン作りが進められています。

胆沢ダムの右岸を登ったところにある展望台、
胆沢ダムに張り出すように堤体を眼下に見下ろします。
いずれはダム堤体や管理庁舎も一般開放される予定ですが、現在は立ち入りができません。
131114奥州湖眺望4 131114奥州湖眺望3

この展望台からは、胆沢扇状地の起点から東の北上高地までの景色を眺望できます。
131114奥州湖眺望1
空気が澄んだ日ならば北から南へ広がる眺望が望めます。
奥州の夜景を楽しむ事も、遠くの夜空にひらく夏の花火をながめることも出来そうです。
朝晩、春夏秋冬に素晴らしい展望を見せてくれそうなこの場所、
胆沢いちおしのスポットとなることは間違いなさそうです。

そしてこの場所は、胆沢扇状地最古の堰と言われる旧穴山堰の取水口跡と一致します。
この場所は何百年も前から胆沢に生きる人達の要であったと考えられます。
西に目を移すとそこには白く雪の衣を羽織った焼石連峰がそびえます。
そこから流れを発する胆沢川がダムへと注ぎ、下流を潤しながら北上川へ、
その一連の流れをこの場所にいながら眺めることができる眺望台となっています。
131114奥州湖眺望2
またダム周辺はエメラルドに輝く奥州湖、ブナ原生林、カタクリの群生地など
自然の宝庫ともなっており、これらの魅力的な資源の活用なども考えられます。

胆沢ダムの完成によってもたらされるものは恵の水にとどまらず、
地域再生という新たな大きな夢を抱かせ、未来へ一歩を歩み出しました。
桜の植樹や地元住民の手によるフラワーロード計画など、新たな地域作りは始まっています。

2013-11-11 徳水園~胆沢ダムへつなぐ 水仙のフラワーロード大作戦
2013-11-03 桜の回廊に続く!!胆沢ダム直下に記念植樹←こちらもご覧下さい。

しあわせ色のカボチャのシフォンケーキ

2013 11 16
産直いさわあぐりキッズさんの店頭に並ぶ、berry工房さんの手づくりお菓子。

この季節の旬の食材はカボチャ
131105カボチャシフォンケーキ2
この鮮やかな黄色のシフォンケーキ、作っている人にお会いしたくて
胆沢区小山berry工房の渡辺さんを訪ねました

berry工房代表の渡辺美保子さん、ご自宅に工房を開き、畑で採れた野菜などを使って
ケーキやお菓子やプリンを作っており、
その商品は産直いさわあぐりキッズで人気商品となっています。

実際にカボチャのシフォンケーキを作るところを見せてもらったのですが、
手早く材料を混ぜ合わせていく様をうっとり眺めてしまい、撮影するのを忘れてしまいました
131105カボチャシフォンケーキ3 131105カボチャシフォンケーキ4
オーブンに入れて約40分で焼きあがりました。
ケーキ作りのなかで一番好きなところは?
との質問に、この焼き上がりの瞬間ですね、と答えてくれた渡辺さん。
数え切れないくらい作ってきたケーキですが、そのときの食材の水分量などは、
そのときそのときで違うもの、いつも同じというわけではありません。
それらを上手く調整しながら、一番ベストな焼きあがりに仕上げます。
是非、食べてみてください。ビックリするほど、ふわふわしているのに、
しっとりした甘さひかえめのカボチャのシフォンケーキなんです。

南部一郎という細長く糖度の高いカボチャを使っています。
もちろん渡辺さんのお宅で採れたカボチャ。
131105カボチャづくし1
なにより家の畑でとれた食材を使っているので子供達に安心して食べさせることが
出来ることがいちばん嬉しいですね。

そしてこの季節、うれしい一品がこれ『しょうが糖』
新ショウガを取り寄せ、スライス→茹でる→乾燥させる→砂糖をまぶす→
といった工程を経て出来上がる『しょうが糖』
食べると体がぽかぽか温まると大人気なんです。
新ショウガのこの季節しか販売していないので、お早めにお買求め下さい。
131105しょうが糖

3人のお子さんのお母さんでもある渡辺さん。
末っ子のひなかちゃん(2歳)はケーキ作りをする渡辺さんのまわりで遊んでいたり、
お手伝いをしてくれたり、お仕事をするお母さんと一緒に過ごしています。
131105ひなかちゃん
晩秋の昼下がり、『家族のみんなの支えや協力があってこそのberry工房です』と
微笑む渡辺さんはしあわせ色に輝いていました

berry工房のお菓子・ケーキは、産直いさわあぐりキッズさんで販売しています。
131108berry工房
現在の商品は・・・
カボチャシフォンケーキ・ブルーベリーシフォンケーキ 1個¥100
カボチャプリン ¥100
しょうが糖60g ¥200
フロンランタン ¥120
※シフォンケーキはホールでの注文も承ります。(大・小)

時期のより商品は変わりますので、季節の商品をお楽しみ下さい。

産直いさわあぐりキッズ
岩手県奥州市胆沢区南都田字本木127
0197-46-2632
営業時間(平日):AM10:00~PM18:00
         (土・日・祝):AM9:00~PM18:00   定休日:水曜日
      1月~3月は、AM10:00~PM17:00の営業時間となります。

冬はやっぱり せんやの煎餅すいとん!!

2013 11 04
鍋が恋しい季節となりました!!
鍋は鍋でも種類は様々ありますよね。

今日は何鍋にしょ~!?なんてお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか!!

そんな方にお勧めしたいのはこちら↓
煎餅すいとん
毎年冬限定で胆沢区のせんやさんから発売される「煎餅すいとん」
今年も11月1日(金)から発売開始となりました♪

モチモチ食感がクセになる「煎餅すいとん」
鍋だけでなく、お味噌汁にいれても相性抜群!!

美味しく・簡単・お腹もイッパイと、大満足いただける商品となっております。
 
商品のお買い求め・お問い合わせはこちらまで♪
株式会社 水沢米菓
251111.jpg
〒023-0402 奥州市胆沢区小山字下笹森52-1  TEL 0197-47-1008


そして、東京にお住まいの方、東京へお出かけの方必見!!
11月11日(月)~11月14日(木)まで東京都中央区銀座にある
いわて銀河プラザに せんやの煎餅 が出店されます!!
それから②~
11月14日(木)には東京都千代田区にある
ホテルグランドパレスの3階「白樺・鶴・亀」にて
午前10:00~午後4:00まで『いわて食の商談会in東京』が開催されます。
勿論そちらにも せんやの煎餅 が並びますのでこうご期待です♪

せんやの煎餅は美味しさ金メダル!!!
みなさん是非ご賞味ください♪(♥ŐωŐ♥)

 | HOME |