母から娘へ・・・伝え続くハム作り

2013 12 18
胆沢区小山字柴山にある鈴木さんのお宅で、12月14日・15日と
2日間にかけてハム作りが行われていました。

このハム作りは昭和56年に鈴木さんのお母さん世代から始まったものなんだそうです。
お母さんの世代から娘さんやお嫁さんに伝えられ、代々この味を守ってきたんだと教えてくださいました。

昭和56年から始まったハム作り・・・今年でなんと32年!!
元は農協婦人部の会で、添加物を一切使わないものを作ろうと言うことで
ハム作りの講習会が行われたんだそうです。

無添加で安心・安全なものを子供達に食べさせたい!!と言う
お母さん達の子を思う気持ちから始まったハム作り・・・
32年経った今でも、味も気持ちも変わらず母から子へ受け継がれ続けています。
251214ハム


ハム作りは毎年、春先と冬の年2回行われるんだそうです。
毎回大量のハムを作るため、冷蔵庫入らずのこの時期が適しているためなんだとか。

今回作られるハムは、なんと40㌔!!
1本1㌔のハムを40本作るんだそうです!!
近所にお住まいの従姉妹やお嫁さん、お友だちが集まり、この量を総勢4人で作ります。
251214ハム8

ハム作りは、生肉を32年間伝えられてきた特製ダレに10日間ジックリ漬け込むことから始まります。

10日間ジックリ漬け込み味のしみ込んだ生肉を、ハム作り専用のフィルムに巻きます。
その上から手ぬぐいを巻き、更にたこ糸でキツク巻いていきます。
この時使用する手ぬぐいや、たこ糸も32年間大切に使われ受け継いだものなんだそうです。
物を大切に使い、次の世代に残すお母さんたちの愛情がここにも感じられます。
251214ハム作り5

そして、このたこ糸を巻く作業・・・見た目以上に大変
たこ糸をキツク巻かないと、完成したときにハムの形が崩れてしまうんだそうです。
251214ハム作り4 251214ハム作り3
251214ハム作り2 251214ハム作り6 

たこ糸を巻くのが、力と根気のいる一番大変な作業なんだと皆さんおっしゃっていました。
40本ものハムを巻くため、繰り返しこの作業をしハム作り一日目が終了となります。
251214ハム作り1

2日目は、昨日巻いたハムを燻製にします。
40本全てのハムを吊るし、桜のおがくずでいぶしていきます。
いぶすのに桜のおがくずを使うのは、お母さん達のこだわり!!
香りが良く、一番美味しいハムが出来るコツなんだと教えてくれました。

そして、この燻製機も勿論受け継いだもの。
ハム作り専用に、特注した自慢の燻製機です♪
251214ハム作り11 

燻製中は温度を40度に保ち、4~5時間ひたすら火を絶やさずにハムをいぶしていきます。
温度を保つのが難しく、一日がかりでこの作業をした時もあったと話してくださいました。
251214ハム作り13 251214ハム作り12

いぶされたハムは、最後にこの大きな鍋で煮るんだそうです。
70度~80度のお湯で1時間ほど煮てハムの完成となります。
251214ハム作り14
時間も手間も沢山かかるけど、やっぱりこのハムが一番美味しい!!と皆さんおっしゃいます。
美味しいからこそ、母達から教わり自分達も作るんだと・・・

32年間伝え続けられた母の味
伝え続けたい味と母の思いが沢山詰まったノートは皆さんの宝物なんだそうです。
自分達の娘へと伝え続けたい、大切な大切な預かり物だと。
251214ノート
母の思いは、長い月日が経った今でも次の世代へと受け継がれ続けています。

これからもこの味を、母の愛を娘さん達に、お孫さんたちに伝えていただきたいと深く思いました。
完成したハムは4人で分けて、各自冷凍保存。
家族みんなが楽しみに待っているんでしょうね♪

母の愛は大きく偉大なものだと改めて感じた2日間
皆さん2日間ありがとうございました。
 | HOME |