冬の風物詩 凍み大根(すみでぃご)

2014 01 31
朝晩と冷え込み激しいこの季節
この季節によく見かけるのが凍み大根!!冬の風物詩と言っても過言ではありませんよね♪

いさわ産直センターあじさいさんの店外にも凍み大根が吊るしてありました。
凍み大根2
保存食に欠かせない凍み大根
皮を剥いた大根を箸が刺さるくらいまで茹で、その後一晩水で冷やした大根を凍らせ乾燥させ作られます。

凍み大根の調理法は様々あります。
そのまま細かく切って、お味噌汁にするも良し!!凍み大根を水で戻し煮物にするも良し!!

今回は水で戻した凍み大根を使った
「豚肉と凍み大根の煮物」をご紹介します。
凍み大根3 凍み大根
   
下準備として、カラカラに乾燥した凍み大根を水に2~3時間ほど浸して戻しておきます。
時間のない時は、ぬるま湯に浸してあげると1時間ほどで戻るんだとか♪

戻した大根と、豚肉を食べやすい大きさに切ります。
凍み大根1
先に豚肉を炒め、火が通ったら切った大根を入れサッと炒めます。
凍み大根4 凍み大根5
めんつゆと味りんで味付けをし、蓋をします。
大根に味がしみるまで煮込んで完成となります。
凍み大根6 凍み大根7
生の大根よりも、甘味が凝縮されていて美味しくいただけます♪
ご飯のおかずや、お酒のつまみに喜ばれる一品!!
凍み大根8
簡単に作れますので、皆さんも是非作ってみてくださいね!!v(●^ω^●)v

凍み大根は区内の産直さん等で販売されています。
凍み大根9 産直あじさい
今回はいさわ産直センターあじさいさんにご協力いただきました。

いさわ産直センター あじさい
 
〒023-0402
胆沢区小山字小田切214番地
TEL 0197-47-2345  FAX 0197-47-0223
営業時間/9:00~18:00
ホームページアドレス http://www17.ocn.ne.jp/~azisai/
今回ご紹介した「豚肉と凍み大根の煮物」
たま~に店頭に並んでいるらしいのでお見逃しなく♪ヾ(*´∀`*)ゝ

止々井神社跡の唐傘松の枝 折れる・・・

2014 01 25
matu 1401
胆沢区南都田清水下、国道397号沿いに止々井神社跡があります。
目印は国道沿いの大きな松、地元では唐傘松と呼ばれ親しまれています。

1月中旬の大雪の影響でこの松の木の枝が折れてしまったので、
道路にかぶっていた枝が伐採されました。
ちょうど、広報おうしゅうの1月号奥州遺産のコーナーに、
枝が折れる前の唐傘松が取り上げられていました。
東側から撮影されたものです。
唐傘松おうしゅう
比べてみると、大きく枝が取り払われたのが確認できます。少し淋しい感じがしますね。

止々井神社跡は、その昔は延喜式内社の胆沢郡七座のひとつでした。
1830年現在の古城に遷座されたということです。
遷座された後も、この場所には唐傘松の他、江戸時代などの石碑が並び、
地域の皆さんに大切にされています。

 | HOME |