雪の焼石連峰

2015 02 23
里には春の風がふいた21日(土)、真っ白に輝く峰々を見せる焼石連峰。
150221焼石連邦
小山二の台での撮影です。

胆沢にも春到来!?

2015 02 17
先週の土曜日2月14日は、第26回全日本農はだてのつどいが開催され、
おおくのみなさまにお楽しみいただきました。
寒い中、ご参加くださった厄年のみなさん、イベントにご参加くださったみなさん、
出店コーナーのみなさん、会場づくりに係わった多くのみなさん、ありがとうございました。

農はだての様子は後日お伝えできればと思っておりますので、
今しばらくお待ちください。

農はだてもおわり、胆沢には春がやってきている模様、
バッケが顔を出している画像を送っていただきました。
150217劇場1
そして、今度の日曜日は胆沢に春を呼ぶ、奥州胆沢劇場の公演が控えています。
150217劇場2
こちらにもみどうぞみなさん足をお運びください。
奥州胆沢劇場の詳しくは奥州胆沢劇場WEBサイトからご確認ください。

奥州胆沢劇場、ランスルーに潜入

2015 02 11
奥州胆沢劇場もいよいよランスルー(通し稽古)を行うということで、
会場である胆沢文化創造センターの大ホールに潜入してきました。

会場に入ると、舞台の上ではバミリ最中、家の位置などの確認が行われていました。

舞台背景もセットされ、本番さながらの中で、
今回の『黄金の稲穂 -不撓不屈のニノ台の民-』の通し稽古がスタート、
舞台の冒頭は・・・
15020802.jpg
涙なしでは見ることができない、そんなお芝居が完成しそうです。

今回の胆沢劇場では、
・31回記念オリジナルエコバッグ(みさござえもん)が1,000円で
・31回記念手ぬぐいが200円で販売されるということです。
コチラは当日劇場を見にいらした方限定、早い者勝ちという貴重なグッズです。
15020805-1.jpg
15020803.jpg
エコバックのサイズは、縦37㎝、横36㎝、まちの部分は11㎝と使い勝手も抜群!!

また今年はペア鑑賞券が販売されており、お得なチケットに人気が集まっているとのこと、
今年も奥州胆沢劇場の熱気が広がり始めています。

今年の劇場は
平成27年2月22日、午前、午後の2回公演、会場は胆沢文化創造センターです。
 
前売り券・全席自由
 一般:1000円
 高校生(18歳)以下:500円
 (当日券は200円増となります)
 ペアチケット:1700円
 (一般券を2枚買うより300円お得!
  但し、同一回での鑑賞となります)

 奥州市内・金ヶ崎町各プレイガイドにて、前売り券好評発売中!
チケットは各プレイガイドでお求めください。
詳しくは奥州胆沢劇場WEBサイトからご確認ください。  

雪灯りにてらされる愛宕

2015 02 10
2月7日(土)愛宕地域振興会が主催する第4回雪あかり、
午後6時からの雪灯り点灯に、地域のみなさんはじめ多くのみなさんが来場していました。
15020702.jpg
会場には地域の女性の皆さんが手作りした切絵の灯篭や
和紙に手書きされた灯篭など約100個の他、たくさんのキャンドルが灯され、
会場となった愛宕ふれあい駐車場が幻想的な灯りに包まれました。
15020701.jpg 15020707.jpg
実行委員長の加藤さんが描いた絵の中には愛宕地域の恒例イベント、仙北街道駕籠道中の様子もあり、
柔らかな灯りの中に地域のみなさん手作りのぬくもりが感じられました。
15020703.jpg
ちびっこには、そり滑り台も大人気。
夜のそり遊びと灯りの数々、きっと思い出に残る光景となったことでしょう。
15020706.jpg
愛宕へ向かう途中の家々の門口にも雪あかりが置かれ、
また愛宕の町にはこんなに素敵な雪像も作られました。
15020705.jpg
15020704.jpg
会場内ではおでんや甘酒であったまる方々、かがり火で暖をとる方々、
とにかく寒い冬の胆沢の夜ですが、
このイベントは来年もまたその翌年も続けられていくことと思います。
愛宕地域の皆さん、寒い中、ありがとうございました。
こんなに素敵な雪あかりを見ることができてとてもうれしかったです。

冬の夜空

2015 02 04
今日は立春です。
例年に比べて雪の少ない今年ですが、感じる寒さは例年通りのような・・・

昨日の夜はお月様が綺麗に見えました。
午後6時ごろの空、お月さまの左下にけっこう大きなお星さま。
木星でしょうか?
今日は満月のようです。今日もきれいなお月様がみられるといいですね。

150203お月さま
昨夜は豆まきもしました。
今月、胆沢では『全日本農はだてのつどい』も開催されます。
2月はあわただしく過ぎていきます。
 | HOME |