ウガヤフキアエズノミコト・・・屋根葺き職人の守護神

2017 06 23
胆沢区若柳の於呂閇志胆沢川神社の境内、ゲートボール場の北側に並ぶ石碑群。
1706221.jpg
中に、『鸕鷀草葺不合尊』と刻まれた石碑が。漢字が難しすぎて読めません。
『ウガヤフキアエズノミコト』と読むそうです。
1706222.jpg
胆沢区内には10基ほど確認されていますが、大正四年から昭和丗三年まで建立されています。
1706223.jpg
胆沢町史には
・・・・昔、九州宮崎の鵜戸崎の断崖上にある鵜戸神宮に由来するもので、
航海中の舟の中に産気づいた女の神があった。あわてた舟の者共は、この女神(産婦)を助け度い一存から、なんとか、鵜戸崎に上陸して、この近くの鵜の鳥の羽でお産小屋の屋根を葺くことになり、一生懸命葺いたが、葺き終わらないうちに、とうとう近くの岩屋根の下でお産を終えた。以後この赤ん坊の名前は、屋根が葺き終わらないうちに生まれたので鸕鷀草葺不合尊といわれ、屋根葺職人の加護にあたった。この故事によって亡くなっても屋根葺職人の守護神としてまつられた。
・・・・農業の片手間に職人として活躍した人々が、大正四年から昭和丗三年まで屋根葺き仲間が建立したもので、深い信仰が伝えられていたものである。

と記載されています。  (胆沢町史Ⅲ第4章第五節1-40)

不思議な話の展開で、屋根葺き職人の守護神となったウガヤフキアエズノミコト。
屋根をおおうことを「葺(ふく)」というようなので、
茅葺き屋根が少なくなったいまでも、
屋根葺き職人さんたちの守護神として信仰されていることと思います。

『ちらくえん』があるお社

2017 06 22
胆沢区若柳、鳳凰寺の北にある桜の木に囲まれたこのお社、
花見の時期にはとても綺麗だろうと想像できます。

そういえば前にもこのお社について調べてみたんですが、
熊野社?で間違いない?と自信が持てずそのままだったのです。
170619社
もう一つの謎は、お社の東側に『ちらくえん』と看板があること。
この場所についてはもう少しちゃんと調べてなければならないことだらけです。
170619ちらくえん

まだ若いカラスが枝に止まっていて親ガラスを呼ぶものだから、
親ガラスは怒ってギャーギャー騒ぎ始めるし、怖い怖い(´;ω;`)

6/21(水)本日定休日です。

2017 06 21
本日6/21(水)は定休日です。

本日のお問い合せは
(一社)奥州市観光物産協会 0197-22-7800   または
胆沢総合支所産業振興課 0197-46-2111へお願いいたします。
シャゴミも色づいてきました。
170615しゃごみ
この赤い実についても、地域ごとに呼び方があるようで、
『シャゴミと』呼ばれていたり『グミ』とよぶ人もいたりします。

私は「シャゴミ」派です。

見上げると楽しい空

2017 06 20
170619そら
ポンポンした雲がぽんぽんぽんと並んでいました。
晴天もいいけれど、雲のある空も楽しいです。

曇り空だけど

2017 06 19
170619焼石
西山には雲がかかっていません。


焼石山頂の下、姥石平に広がるお花畑をご存知でしたか?
6月2週目ごろが見ごろと云われているため、
この土日は焼石岳の登山もピークを迎えたことでしょう。

いわて自然公園特派員だよりから登山道の状況やお花開花情報等をご覧いただけます。

奥州胆沢劇場からのお知らせです!!

2017 06 18
平成30年2月公演を予定している奥州胆沢劇場からのお知らせです。
平成29年7月30日(日)を締め切りで胆沢劇場の原作を募集しています。
原作募集劇場 (354x500)
また胆沢劇場のさまざまなスタッフも募集しています。
キャスト募集劇場 (354x500)
住民参加による奥州胆沢劇場を一緒に作り上げていくスタッフです。

原作募集及びキャスト&スタッフ募集についての
詳しいお問い合わせは、http://isawabunso.com/←胆沢文化創造センターWEBサイトよりご確認ください。

緑の中のお社

2017 06 17
170615山の神
土橋の国道沿いにひっそりとたたずんでいます。
ダム建設で移転してこられた住宅の横に建っていて、馬留からの移転と思われます。

山神様で
町史には
安永風土記記載の社。
市野々荒屋敷から明治10年頃天沢の高橋方に移り、昭和10年頃、馬留の地に移り祀られている。と。

そして現在は土橋に。それぞれの時代、それぞれの場所で、大切に祀られています。

初夏の白花

2017 06 16
ヤマボウシの花は上を向き、
170615ヤマボウシ
エゴノキの花は下向きに咲いています。
170615エゴノキ

生き生きとした緑のはっぱに白い花が映えます。

ひめかゆの”胆沢ダムカレー”お試しあれ!!

2017 06 15
170613ひめかゆ5
胆沢ダムカレー ¥800
焼石クアパークひめかゆの食堂でだされている1日限定20食の胆沢ダムカレー。
        真ん中のご飯はダムの堤体をイメージしてルーはダム湖、
                 温泉卵はひめかゆに掛け合わせました
とのこと‼
こう見えてボリュームたっぷり、温泉卵がカレーをクリーミーに仕立てます

全国でダムカレーが注目されていますが、胆沢ダムをモチーフにしているのは
焼石クアパークひめかゆと国見平温泉でも提供されているようですよ。
ぜひ食べてみてくださいね!!

170613ひめかゆ6 170613ひめかゆ2
焼石クアパークひめかゆ 食堂
  営業時間 11:00~20:00(L.O.19:30) 不定休
  問合せ 0197-49-2006

胆沢ダムカレーの他にも スタミナ定食¥980、生姜焼き定食¥800、その他冷やし中華やお蕎麦など、
メニューも豊富にお待ちしています!!
170613ひめかゆ4
170613ひめかゆ1

6月14日(水)本日定休日です。

2017 06 14
本日6/14(水)は定休日です。

本日のお問い合せは
(一社)奥州市観光物産協会 0197-22-7800   または
胆沢総合支所産業振興課 0197-46-2111へお願いいたします。

久しぶりに見分森の展望台に上がってみました。
170613見分森2
大地は緑色に染まりつつあります。
山の麓には胆沢ダムも見えて、想像以上に高い位置にあって少し驚きます。(中央の白っぽい所)
170613見分森1
 | HOME | Next »