松村巨湫の句碑

2017 09 12
170901kuhi 1
170901kuhi2.jpg
市野々御番所跡公園にある松村巨湫の句碑
「樹のおくに うぐひす鳴くや 葉月渓」

建立されたのは昭和30年、若柳観光協会の建立です。
説明板には
この句碑は、尿前橋の西側にあったもので、
胆沢ダム建設のために、現在地に移設されました。
作者松村巨湫は、東京で活動した当時の代表的俳人の一人で
水沢在住の門下生の招きで岩手県を遊行した際、
尿前渓谷の新緑の美しさを吟じた句だといわれています。
尿前渓谷の柱状列石と新緑と川の流れが織りなす絶景。
そして、どこからともなく聞こえてくるウグイスの声。
都会で生活していた巨湫には、
それらが心の奥底に響いたことでしょう。
(松村巨湫 1895年~1964年。主宰した俳誌『樹海』)


尿前渓谷は旧胆沢町きっての新緑・紅葉の名所だった場所ですが、
胆沢ダム建設によって国道397号は付け替え工事がおこなわれ、
尿前橋は現在胆沢ダム湖に沈みましたが、
現在は尿前渓谷橋から柱状列石を見ることができます。
101005尿前渓谷1
↑は2010年尿前橋から見た尿前渓谷です。
↓は昨年の尿前渓谷橋と柱状列石です。
161020ビーチライン紅葉1
これからはじまる紅葉シーズン、
見る場所、見える景色は違っても、紅葉の美しさは変わらずここにあります
 | HOME |