南都田浅野の稲荷社

2018 01 23
暮れには例年より多く感じていた降雪ですが、
年明け後の降雪は数日程度で、一面真っ白な雪景色とはいいがたい今年の1月です。
1801191.jpg
前々から気にはなっているけれど、近くまで道路があるのかどうかもわからず、
ひとり田んぼの中を歩く勇気もなく、指をくわえて眺めている場所が多くあります。

ここもそのひとつ、道路からは、守られるように木々に囲まれたこのお社が見えます。
1801192.jpg
ここは南都田の浅野の稲荷社です。
稲荷社は元は穀物や農耕の神で、
この社も安永風土記の農耕神の中に含まれているようです。
境内には
嘉永三年の雷神様の石碑が1基、あると資料にはありますが、
もっと多くの石碑が並んでいるので、
他の場所にあった碑も置かれたのかもしれません。
1801193.jpg
上の部分が落ちてしまった鳥居は大正2年に奉納されたもののようです。
天保年間と明治時代の棟札が残ります。

稲荷社からあぜ道を西に数十メートル進むと
水田の畦畔にポツンと1基、石碑が建っています。
1801194.jpg
碑は
『庚申供養碑』で安永五年八月二十一日の日付が刻まれています。
何名かの名前も刻まれているようですが、判読は不明。
 1801195.jpg
資料には(旧道だったのか)と追記されています。

出番まであと3週間の大俵

2018 01 19
第29回全日本農はだてのつどいを2月10日にひかえ、
祭りの準備も慌ただしく進んでいます。
厄年連総勢200名が豊作坂に引っ張り上げる約8トンの大俵も
綺麗に化粧直しが行われました。

大俵は小野寺延吉さん率いる小野寺わら工房の皆さんによって
2月10日の本番を待つばかりに整えられました。
180117俵1
今年は65歳のワゲェスタズ(ワカイヒトタチ)が2名加わり、
87歳の延吉さんをトシガッシャ(年頭)に11名の皆さんが大俵の修繕に携わりました。
180117俵2
作業後は俵の格納庫にて、祭り当日を待ちます。
180117俵3
今年も無事に豊作坂に引っ張り上げられ、
胆沢の郷に豊作と福を引き寄せてくれることと思います。

第29回全日本農はだてのつどいは
平成30年2月10日(土)午後3時から
奥州市胆沢区 胆沢野球場特設会場にて
開催されます。
180210祭1
180210祭3
胆沢の大イベント農はだてのつどい、楽しみにお待ちください!!

冬はつとめて

2018 01 13
遅くなりましたが、

本年もどうぞよろしくお願いいたします 
180112はれ

雪のつもった朝や氷点下の朝、
点在するエグネの枝々の先まで白く凍り、
それはそれは美しい冬景色が広がります。

日中にはとけてしまうので、
その美しさは寒い朝の早い時間だけの特別な冬景色です。

『冬はつとめて』
ずーっと昔に詠われていたことでした(n*´ω`*n)
 | HOME |