水土里の皆廊スタンプポイント紹介⑤

2020 06 05
本日は⑤の水利歴史遺産「葦名堰」をご紹介します。

胆沢小山にあります葦名堰ですが約400年前に60年という葦名氏が5代へと渡る年月をかけて完成させた堰となります。

県道302号線をいさわ産直センターあじさいを目指し南下してください。
あじさいを過ぎ1㎞ちょっと走ると葦名堰の目印が現れます。
こちらを右折してください。
20200604葦名堰1

しばらく道なりに進むと水土里の皆廊ののぼりが見えるのでこちらも右折
20200604葦名堰2

道なりに進み冬の田んぼイルミネーションでおなじみの輝商さんを過ぎるとのぼりと看板が見えます。
こちらを左折
20200604葦名堰3

のぼりから右折をすると目的地が見えてきます。
20200604葦名堰4

駐車場も整備されていました。
疲れたらベンチでひと休みできますねo(^▽^)o
20200604葦名堰5

スタンプ台はこちらへ設置してあります。
20200604葦名堰6

ここが葦名堰の湧き出し口になります。
20200604葦名堰7

中には1メートル近くの水が溜まっているので入ることができません。
20200604葦名堰8

20200604葦名堰9

20200604葦名堰10

あと1か月ほどでこちらはウバユリが咲き乱れます。
とてもきれいなのでその頃にまた出かけたいと思います
20200604葦名堰11

昨年の葦名堰内部公開をした様子はこちらへ
 | HOME |