いさわ路探訪『前沢まちあるき』開催しました

2014 06 29
6月23日(月)いさわ散居ガイドの会主催 いさわ路探訪『前沢まちあるき』が開催されました。

今回は胆沢を飛出し!前沢へ!
晴天に恵まれ参加者23名&ガイドの会は、胆沢と前沢のつながりを探しに 
みずさわ観光物産センターアテルイを出発し、前沢へと向かいました

千田左馬顕彰碑
20140623前沢まちあるき1
後藤寿庵の意思をついで寿庵堰の開削を続けた前沢の千田左馬の碑。
「前沢のここにあったのかー」とみなさんガイドの説明を真剣にきいていました。

止止井神社
20140623前沢まちあるき2 20140623前沢まちあるき3
もとは胆沢にあり、延喜式神明帳胆沢郡七座のひとつで幕末に前沢に遷座しました。
もとは胆沢って??
20140623前沢まちあるきと止止井神社跡
↑↑みなさんも見たことがあるのではないでしょうか?
唐傘松が目印の 胆沢区南都田止止井神社跡 

 
止止井神社近くの姥神社上麻生城跡に寄り、月山へむかいます。
前沢からも焼石連峰がきれいにみえました
20140623前沢まちあるき5

月山神社
20140623前沢まちあるき6 20140623前沢まちあるき4
本殿では「心のよい人だけが写る」という鏡を覗き
奥の院、拝殿の裏には8mを超す座禅石とよばれる巨石があります。
石を下から眺めていた私…みなさんは颯爽と石を登っていきました
女二子神社の山頂からは胆沢平野が一望できます
20140623前沢まちあるき17 20140623前沢まちあるき7
晴天で眺めは最高
「あれが胆沢ダムじゃないか?」
「どこどこ?」
「わー見える」とみなさん楽しそうここからも胆沢が眺められると感動でした

ちゃんこ部屋太五郎で前沢肉入り煮込み定食をお腹いっぱい食べた後は
三沢の門
20140623前沢まちあるき8 20140623前沢まちあるき9
前沢最後の領主三沢氏の屋敷門でしたが、胆沢区小山斉藤の豪族に買い取られるなど転々とし、
今の場所に落ち着きました。ここで集合写真をパチリ
みなさんいい笑顔ですね

仁衛堂薬局「金命丸」の看板
南部藩きっての宮大工・初代高橋勘次郎作。三枚仕立ての看板で、いつもは閉じてありますが、今日は特別に開いて見せてもらいました。伊達藩南部藩もとより、広く知れ渡っていた名薬「金命丸」の本家本元を示す看板です。
20140623前沢まちあるき10
普段なにげなく歩いている所にこんな看板があったとは!とみなさん驚きでした。

優美な彫刻の竃神社
「かまど」の神様をまつった神社で、宮大工・飯坂弥五郎(当時79歳)が自分の終生の事業にすると明治19年に作ったものです。これに施された彫刻は、精緻にして優美な作品です。
20140623前沢まちあるき11 20140623前沢まちあるき13 20140623前沢まちあるき12 20140623前沢まちあるき19
この彫刻にはみなさん興味津々で「あれは何だ?」「うさぎもいるな?」「こちら側は鶴と亀だな」
「素晴らしい」と大変盛り上がりました。
正面にある丸い彫刻が見えにくく…みなさんのぞきこみます!
結局その日はわからなかったので…
↓↓歴史遺産課より資料を頂戴しました。
20140623前沢竃神社正面彫刻
中央の丸い彫刻は、波の中に亀、下は龍であるということでした。

素晴らしい彫刻をまだ見ていたい様子でしたが、
最後は産直来夢くんでお買いものタイムを楽しみ
ツアー終了となりました。

今回のツアーも沢山の方々に参加していただきまして、誠にありがとうございました。
初めて胆沢を飛び出したツアーでしたが、最高の天気で、胆沢と前沢のつながりを探す楽しいツアーになりました。

ツアーに参加してくださった方々、協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

次回のツアーは10月です
みなさんの参加をお待ちしております


Comment

管理者のみに表示