植えてはいけない言い伝えが安倍家に・・・

2014 08 31
この季節、畑には芋の子(里芋)のひときわ大きな葉っぱがイキイキと空を仰ぎ、
葉の上にポロロンと水滴を転がしていたりします。芋の子が食卓にのぼるのももう間もなく!!
140829芋の子1 140829芋の子2

秋がくれば、芋の子汁、芋の子会と当たり前のように食べるもの、行われる行事の主役級。
どこの家でも芋の子は必ず植えているお野菜と思っていましたが、
この芋の子を「植えてはいけない」との言い伝えが残る家がありました。

胆沢区若柳の一部の安倍(あんばい)の姓のお家です。

その理由とは・・・

大昔の戦の最中、安倍(あべ)氏が芋の子の茎や葉っぱを踏んづけてすべって転んだのだとか・・・
そのことが原因かどうか・・・安倍氏は戦に負けてしまいました。
以後、芋の子を植えてはいけないと安倍家には伝わっているのだそうです。

お話をお伺いした愛宕の安倍さん。嫁いできた時からおばあさんたちにそのように教わり、
畑には芋の子を植えていません。とのこと・・・
140828安倍さん1 140828畑1

この地方の歴史での大きな戦で安倍氏が登場するのは、
源頼義・義家親子と奥州の豪族安倍氏の戦いである前九年の役のころ。
胆沢区には前九年の役の際、源軍に追われる安倍氏の逃亡ルートが安倍の道として
伝えられており、各地に地名やゆかりの地として残ります。
そのひとつには地名として残る『大歩(おおあご)』があり、
胆沢区若柳の胆沢川沿い、源義家に追いつかれそうになった安倍貞任が
大股で歩いたことから『大歩』という地名になったと伝えられています。
その前九年の役の最中のことだったか、いつの戦の話であったか、
定かではありませんが、
先祖代々、芋の子を植えてはいけないという言い伝えが、
一部の安倍家には伝わっているそうです。
その伝わり方も『安倍貞任源義家』の戦いと限定されている話もあれば、
だれかはっきりとわからないけれど安倍氏のこと・・・をざっくりなお話も・・・
いずれにしても、芋の子ですべって転んだところは共通点・・・

また同じく若柳愛宕地域の加藤家(の一部)には同じような話ではありますが、
登場する人物が変わり、加藤清正が戦いの時~と、
芋の子の茎や葉っぱを踏んづけて転んだために、里芋を作ってはいけないとの
言い伝えがあるそうで、現在も芋の子は植えていないそうです。

みなさん、『ま、食べてはいけないってことではないからねぇ~』といい、
この言い伝えがあり芋の子を植えていないと知っている方々から、
たくさんのおすそ分けがあるそうなので、それほど困っていることでもないんだとか

この言い伝えも、半信半疑ではあるけれども、だめだよ、よくないことがおこるよって言われていることを
わざわざする必要もないからね~と笑ってお話してくれました。

真意のほどはわかりませんが、このお話がいつのころからか言い伝えられて
今でもその言い伝えを守り続けている方々がいらっしゃる、
芋の子を植えてはいけないお話でした。

市内イベント情報( 奥州市観光物産協会スタッフブログより)
アテルイの里温泉郷スタンプラリー2014
映画【リトル・フォレスト】の世界へ!
Comment

管理者のみに表示