若柳宮沢原の馬頭観世音

2014 09 23
黄金色に輝く田んぼを背に、ドングリの木の根元、馬頭観世音がたたずみます。
刻まれている年は慶應元年(1865)、幕末の混乱が胆沢地方にどのように及んでいたか、
勉強不足のため(スミマセン分かりかねますが、
ここに『立主 新太郎他十名』の手によって、9月9日馬頭観世音の石碑が建立されました。
140918馬頭観音3
馬頭観世音菩薩は「六観音や八大明王の一つに数えられる菩薩で、本来の性格は、
一切の魔や煩悩を打ち伏せるというものであり、畜生道に配されている。
しかし、頭上に馬頭を冠することから、時代が下がるにつれて、馬を守護し供養する
菩薩として信仰されるようになった。」と『胆沢町の石造物』の調査報告書にあります。
140918馬頭観音2
青空と黄金の大地が美しいこの季節、稲刈り前の一瞬のこの輝く大地の中で
馬頭観世音さまも豊作を喜ぶかのように神々しく鎮座していました。
140918馬頭観音1
胆沢地方では、農作業の折、または荷運びの際の重要な働き手として、
牛や馬等は大切にされていたそうです。
そのためか、馬頭観世音関係の石碑は多く、
主に幕末から明治・大正・昭和初期に建立されている様子がうかがえます。

市内イベント情報( 奥州市観光物産協会スタッフ日記より)
アテルイの里温泉郷スタンプラリー2014
映画【リトル・フォレスト】の世界へ!
『えさし夢プラザ』2014.9月のイベント
東北ニュージーランド村で秋を楽しむ♪
南部鉄器まつり2014
Comment

管理者のみに表示