いさわ路探訪・・・紅葉の中を歩く

2014 10 28
恒例のいさわ散居ガイドの会がご案内するいさわ路探訪、
2014年10月のツアーは、胆沢ダム周辺散策から金ヶ崎まで足を伸ばすよくばりツアー、
水沢の観光物産センターアテルイを出発した一行の最初の探訪先は胆沢ダムの奥の猿岩、
その中腹まで伸びた林道を進み、於呂閇志神社奥宮へ。
141021ガイド1 141021ガイド2
明治40年、胆沢区若柳の胆沢川於呂閇志神社が本宮となり、猿岩のお宮は奥宮となりました。
4月の大祭には秋田県や宮城県からも参拝者が列をなすほどの賑わいだったそうで、
現在でも作神様として信仰されています。 水口に祀るユキツバキ:於呂閇志胆沢川神社
奥宮で、一日の安全祈願をし記念撮影をしました。
141021ガイド3
山々の紅葉を眺めながら、続いては下嵐江広場へ。
141021ガイド5
仙北街道藩境御番所が置かれていたことから、この秋には御番所跡の石碑も建立されました。
下嵐江広場に新石碑お目見え
そのあとは胆沢ダムへ。石淵堰堤史料室や胆沢ダム堤体の見学をし、
工事現場見学をさせていただいた頃を懐かしく思い返している参加者もいました。
141021ガイド6
さて、これから向かうのは、↑の写真の沢山の人がわたっている橋の下に見える森のようなところ、
胆沢ダム直下にある、旧穴山堰へ向かいます。胆沢ダム直下に最古の用水路旧穴山堰が。
141021ガイド7 141021ガイド8
141021ガイド9
ここはまだ一般開放されていない場所なので、なかなか見ることができないところです。
いさわ散居ガイドの会が開催するいさわ路探訪は平成17年からはじまっており、
もう何度も胆沢ダムを訪れています。同じ場所でも違った角度から見てみることで、
あらたな発見をしていただけるよう工夫してコースづくりをしています。
そのため毎回のように参加してくれるかたもいらっしゃいます。

この後は奥州市を飛出して一路金ケ崎へ
みなさんお楽しみのランチが待っています。
この日のランチは、金ケ崎、「お休み処かみしも」で「ずるびきランチ」をごちそうになります。
141021ガイド12
「ずるびき」はたくさんの根菜やお麩などがとろみをつけた御汁にはいっている体もあったまる汁物。
ご飯は古代米、この日は里芋のずんだあえ、なます、山菜のお煮つけと季節のフルーツ、
食後には珈琲がついて、なんと800円、満腹満足のランチでした
141021ガイド10 141021ガイド11
この日は総勢31名の予約で、貸切状態
注)お休み処かみしもさんでのお食事はご予約が必要です。
ランチのあとは「まちなか観光案内所」をかねているかみしもさんのガイドさんに
案内をいただきながら、金ケ崎城内諏訪小路を散策しながら、「金ケ崎要害歴史館」へ。
141021ガイド13 141021ガイド14
「金ケ崎要害歴史館」の手前の大松沢家の紅葉も素晴らしく、雨の中ではありますが、
この風情ある街並みと紅葉にまたまた大感激のみなさんでした。

今年新しくできた「金ケ崎要害歴史館」、近くにいるとなかなか行ってみる機会をもてないものですから、
この機会にこそ、みなさんとご一緒に見学を楽しみました。
館内は係りの方に丁寧に案内していただき、伝統的建造物群保存地区についてや、
その成り立ちなど、大変興味深く見聞きしてきました。
141021ガイド17 141021ガイド18
今回もいさわ路探訪をみなさんにお楽しみいただきました。
ご参加いただきましたみなさん、ありがとうございました。

まだ参加したことがないという方も次回お気軽にご参加ください。
いろいろな発見ができるかもしれません。
いさわ散居ガイドの会のツアーは毎年6月と10月の年二回開催しています。
また「いさわ路探訪」でお会いしましょう。
 
Comment

管理者のみに表示