胆沢川ラフティングプロジェクト始動!!

2015 08 22
平成28年の岩手国体のカヌー競技会場として胆沢川に作られたカヌーコース。
今後のさまざまな活用方法にも目が向けられています。
150818胆沢川1
今回、岩手の川を主なフィールドにして活動されている
いわて流域ネットワーキング(代表理事:内田尚宏さん)のみなさんが、
ラフティング等のエコツアーのような利用方法の可能性を探るための調査を行いました。
150818胆沢川6
今回使用したのは空気を入れて膨らませるタイプのカヤックとゴムボート、
川遊びを楽しむための舟です。
150818胆沢川5
カヌー特設競技場は、難所の急流がコース内にあり、
まさに天然のジェットコースターといった迫力のあるコース。

今回調査を実施した内田代表理事も、
このコースの活用法はさまざま。
みんなが楽しめる場所となる可能性を秘めている。
とおっしゃっていました。


実は内田代表は
昨年8月の記事水生生物を捕まえて胆沢川の水質調べ・・・胆沢愛宕小6年生で登場したウッチ―先生でした。
岩手の自然や川の環境や再生について、子供たちに川って、自然って、と理解してもらうことから!!
と活動されています。
Comment

管理者のみに表示