胆沢ダム湖奥州湖から一関市まつるべへの新観光ルート開通します!!

2015 09 26
平成27年9月26日(日)、午後3時~
胆沢ダム奥州湖畔、おろせ広場から南へ進み、
         一関市に通じる谷子沢南前川山線が開通します。

                            ↓黄色い線の部分です。南前川線
この道路が開通すると
国道397号線胆沢ダム付近から、国道342号線まつるべ温泉付近まで
約15キロの道のり
となります。
秋の紅葉、春の新緑も十分に楽しめるルートとなりますので、
新観光ルートとして注目されています!!

そのルート沿いには
昭和40年代、鹿の里というテーマパークのようなものがあったといいます。
また、江戸時代には渋民銀山や金山鉱山として栄え、そこで働く人の家が
千軒も建っていたことから「千軒原」ともよばれていたという、深い歴史のある場所もあります。
幻の古道仙北街道の山越えのはじまりでもあった「おろせ(下嵐江)」から
一ノ関へと通じる新ルートの開通を多くのみなさんが待ち望んでいました!!

午後3時からの一般開放を前に、正午からは関係者による開通式が行われます。

手つかずの自然の中を進む、新観光ルートです。
綺麗な風景、自然をいつまでもそのままに、たくさんのみなさんに楽しんでいただきたいと思います。

また、この道路は冬期間は通行止めとなりますのでご注意ください。

※この記事のルート地図は、『みち(道路)写真コンテスト』のチラシに
掲載されている物を使用させていただきました。
2015-09-19 『みち(道路)写真コンテスト』にご応募下さい!!←こちらもご覧ください。
Comment

管理者のみに表示