供養塚のシロヤナギとのお別れ

2016 04 02
胆沢区若柳の供養塚で長い間、地域を見守り続けてきたシロヤナギ、
樹齢は150年とも300年ともいわれてきましたが、3月下旬に供養塚から姿を消しました。
160318柳2
樹木の主幹に亀裂が入り危険であると判断したうえでの伐採だったそうです。
切り株をみると大部分が空洞になっていたことがわかります。
160328柳1

柳の大木がなくなってしまった供養塚はすっきりして少し淋しい気持ちになりましたが・・・
160328供養塚1
160328供養塚2

柳の老木が姿を消した後には、新しい芽が息吹いていました。
160328栁
今後も地域のシンボルである供養塚として後世に語りついでいくそうです。

関連記事は
2016-03-21供養塚の追分碑
2013-12-15供養塚 八雲神社の鳥居新調のお祝い
2011-09-08古木供養塚のヤナギ、折れる
Comment

管理者のみに表示