今年も「虫送り」行事の季節です。

2016 06 09
奥州市で唯一続けられている胆沢区若柳市野々地区の虫送りの行事。
今年は6月5日におこなわれましたが、
昔は田植えが終わったころの5月下旬に行われていたようです。。
現在の胆沢ダム堤体の下の馬留から出発し電源までのルートだったのは、
胆沢ダム建設による馬留、市野々地区の移転が始まる前までだったのでしょうか。
現在はひめかゆ温泉近くの山神さまから林尻の東端までですが、
ダム建設まえは電源までしか家はなかったということでした。
さらに昔は、各集落ごとに虫送りの行事が行われていたそうです。
160605虫送り1
夕方に山神様から出発、ほら貝のあとに「オクルオクルヤイネノムシオクルヤ」と
声を合わせて歌いながら手には桑の枝をもって、トロッコ道跡を歩きました。
160605虫送り2
160605虫送り3
通り沿いの各家々ではお菓子やジュースをもって子供たちがくるのをまっていてます。
160605虫送り4
そもそもは、だんごや餅を桃の木にさしたもので、
家の門口のところに棒をさして枝を括り付けておいて、それを子供たちがもらっていったそうです。
なぜ桃の木だったのか、
はっきりしたことはわかりませんが、
どこのうちにも桃の木があったからじゃないか、という方もいました。
ほら貝がそこを抜いた一升瓶だったり、お菓子はだんごだったり、
出発点と終着点が変わっていったり、
時代とともに少しづつ変化しながら続けられてきた地域の行事、
変わってゆくことを受け入れながらだからこそ、
続けられてきた「市野々の虫送り」なのかもしれません。

これから何十年か先、今の子供たちが大人になったとき、
昔はこうだった、ああだった、と時代の移り変わりを語る日がくるのでしょうか。
Comment

管理者のみに表示