迎市野々から移された山神社

2016 06 12
市野々の虫送りのその日、歩いてくる虫送りご一行を待ちかまえて、旧トロッコ道でうろうろ。
周辺の皆さんもいまかいまかと出たり入ったり。
ちょうど立派なお宮があるお宅のお母さんとお話しすることができました。

家の敷地内にまつられるこちらのお社。
もともとは迎市野々にあった山神社で、ダム建設による家屋の移転の際、
山神さまも一緒にうつされたとのことでした。
160605山神社
こちらの山神さまはお産の神様と伝えられていて、
書物をみると宮城の小牛田の山の神からの分祀であるそうです。
文久銘の鰐口があるということですので江戸の時代から信仰があったのでしょう。
お社には男神と女神の二体一対の山の神様が祀られていました。

こちらに移ってきてからも、お参りにきて無事ご出産された方もあるそうです。

地元の信仰を集めてきた山の神様、これからも大切に祀られていくのでしょう。
Comment

管理者のみに表示