大寒沢林道を通って仙北路へ

2016 06 14
その昔、秋田県東成瀬村と岩手県胆沢を結んだ仙北街道、
現在のおろせ広場の近くに仙北街道への山入り口「下嵐江入り口」がありますが、
仙北街道の踏査の際、使われる山入り口がもうひとつあります。
それが大寒沢林道を使って山奥に入り、その車止めから
仙北街道のアドレ坂と大胡桃山間に連絡路を通って出る方法です。
今回は林道の状況確認に同行させてもらいました。
160610大寒沢1
大寒沢林道の終点にはこの看板、周辺が森林生態系保護地域なので
むやみに道から外れたり植物を採取してはいけないことになっています。
160610大寒沢2
この林道終点からブナ林の連絡路を通り仙北街道ルートにでます。
今回は林道の状況確認なのでこの先には進みません。
160610大寒沢4
ブナ林が広がるなか、エゾハルゼミの亡骸をみつけました。
160610大寒沢5
林道は崩落個所等が整備されて通行可能でした。
山菜取りの方の車が何台かありましたが、くれぐれも熊には注意してください。
この辺りももちろん熊の生息域です。

仙北街道は普段は人が通らない山奥のルートですのでむやみな立ち入りは危険です。
Comment

管理者のみに表示