今年のビオトープ整備♪

2016 07 16
7月12日(火)
胆沢平野土地改良区主催のビオトープ整備が開催されました。
ビオトープとは、生き物がありのままに生息できる場所という意味で、
池やそのまわりの環境をととのえることをビオトープ整備といいます

若柳小学校3年生「わかやなぎ生物多様性戦略2016」開始!
20160712ビオトープ1
今日の活動
①池のまわりの清掃
さぁ~頑張って 
20160712ビオトープ2 20160712ビオトープ3
たくさんのゴミがありました。
これらのゴミは徳水園に来た人たちが残したゴミではなく
道路などに捨てられ飛んできたゴミで、水路から最終的に生き物のすみかに流れついてしまったものであることを
知りました。


②植栽活動
生き物が住むには植物が必要で、葉に生き物が隠れたり、卵を産みつけたりできるよう
じゅんさい をうえます
20160712ビオトープ4 20160712ビオトープ5
池に入ってうえたかったのですが…雨続きで池の水が多く
長靴でも無理だったので(T_T)職員さんに植えてもらいましたよ
20160712ビオトープ6 20160712ビオトープ7
うえた じゅんさい の観察を夏休みにしてみましょうね~ 「はーい」

若柳小学校の先生にきいたところ
ビオトープを始めたころの池は、本当に植物もなく ただの池だったそう。
毎年の活動でこんなになったのね~と驚いていました
20160712ビオトープ8

次回のビオトープ整備は
池に入ってどんな生き物をつかまえ
生き物調査をするそうです 楽しみですね
Comment

管理者のみに表示