渡辺栗仙句碑が下堰袋に。

2016 07 22
これは於呂閇志胆沢川神社の参道で、江戸時代の仙北街道そのものです。
160721栗仙1
参道から境内への入り口に渡辺栗仙の句碑が建てられています。
160721栗仙2
渡辺栗仙(ワタナベリッセン)という人は、説明によると若柳出身で
寺に生まれ教員生活を経て、郷里に戻り、開拓や養蚕に励んだ、と記されています。
160721栗仙4
 160721栗仙3
『 阿りがたや 唯合掌の寿安石 』と刻まれたこの碑は 
昭和26年の胆沢川工事の際に川原石をみつけ
寿安堰の分水路近くのこの地に奉納したといわれています。
Comment

管理者のみに表示