若柳堰袋の千手観音碑

2016 07 28
胆沢区若柳愛宕の手前、国道397号の北側に2基の石碑が並んでいて、
いつも庭のお花が供えられています。
小さいほうは南無阿弥陀仏碑、江戸時代 宝暦九年の年号が刻まれています。
160725石碑1
もうひとつ、大きいほうは千手観音碑、こちらは昭和54年に建立されたものです。
160725石碑2
江戸時代の碑とならんで昭和に建立された碑、古いものにばかり目が行ってしまいますが、
昭和50年代にもこのような碑が建てられていることに少し驚きました。
千手観音は聖観音の化仏のひとつとのこと、苦しんでいる人を救ってくださる観音様のようです。
昭和になるとほとんどが記念碑的なものの建立が多いなか、
どういった願いがこめられてこの千手観音碑が建てられたものか、
機会があれば聞いてみたい気がします。
Comment

管理者のみに表示