船戸?札堂?の観音堂

2017 03 30
小山の斉藤にあるお社は札堂観音堂。
本尊は馬頭観音で昭和6年の創建です。
その昔はこの前を流れる松ノ木沢を船が通っていてこの場所は船着き場で
人々の休息の場だったと町史はかたります。
170328船戸1
170328船戸6
しかしながらここにある説明板には『札堂』が転じて「ふなど」と呼ばれたという説もあると書いています。
170328船戸2
どっちでしょう?

また、布那土→船戸神=岐の神=久那土神→塞の神→  という解釈もあり
昔は布那土ではなくクナドと呼んだと云った人もいたそうなので、
小山村誌はこちらの説をとっているという記述もありました。
『斉藤』という地名も『さい』は塞ぐの意味で「塞の神」へつながる、
ということからここは境界で悪いものが入ってくるのを防ぐ場所と
関連付けることもできそうです。

そしてこの場所には、明治から昭和にかけて草競馬の馬場があったそうです。
看板にもありますが、
『当時の面影をしるよすがもありません』

お堂の裏手にまわるとたくさんの古碑がありました。
大きく立派な石碑には

戊辰戦死者之碑 とあり、
裏面には
仙台藩佐々備中家臣 三名の名前と

慶應四年八月二十七日 相馬笹町戦死
との文字が刻まれています。

碑は明治二十七年の建立ですので、二十年以上の時が過ぎてから建立されたもののようです。
170328船戸4
170328船戸3
170328船戸5
中には梵字が刻まれた享保年間の古碑も2基ほど並んでいます。
300年前の人々の祈りが石碑という形で現代に残っています。

もりだくさんの斎藤の札堂観音堂でした。
Comment

管理者のみに表示