いさわ路探訪「いさわふるさと再発見めぐり」(後編)

2017 06 26
昨日に引き続き、2017年6月22日(木)開催した
いさわ散居ガイドの会主催いさわ路探訪『いさわふるさと再発見めぐり』の後編をお届けします。

ひめかゆ温泉で昼食、各自温泉などをお楽しみいただいた後は
奥州湖交流館で開催されている『旧穴山堰を語り継ぐ企画展』をご覧いただきました。
17062214.jpg 17062215.jpg
胆沢ダムの堤体が築かれたこの場所こそが胆沢扇状地最古の用水堰と云われている
旧穴山堰の取水口があった場所で、現在の馬留広場から眺められる場所に
たくさんの旧堰の史跡が残されています。
17062218.jpg
旧穴山堰の武兵衛穴出口の場所のみ現在実際に行ってみることができる場所です。
17062219.jpg 17062220.jpg
胆沢ダムの洪水吐の真下でいさわ路探訪の記念写真撮影をしました。

その後は国指定史跡大清水上遺跡へ移動します。
何もないこの平らな土地には縄文遺跡が眠っています。
17062221.jpg 17062222.jpg
大清水上遺跡は平成20年に国指定史跡となった縄文時代の遺跡で、
この地域の皆さんが呼んできたとおりに「大清水」を「おおすず」と読ませます。

大清水上遺跡を後にして続いては胆沢区若柳横沢原にある十三軒ため池へ。
水の郷未来館の裏手にあり、道路からは見えないのですが大きなため池です。
17062223.jpg
昭和13年に当時の南都田村の村有地として建設されたものです。
山林原野だったこの周辺に水田を広げるため、入植して耕作されました。
17062224.jpg
今回はいさわふるさと再発見めぐりと題して、あまり知られていない史跡旧跡の数々を巡りました。
ご参加いただいた皆さんにもお楽しみいただけたようです。
いさわ散居ガイドの会では例年6月10月にいさわ路探訪を開催し、
地域に眠っている先人の足跡を辿っています。
17062225.jpg
先人たちが苦労して作り上げてきた美しい水田地帯を進みながら、
それぞれの土地にそれぞれの歴史があることを伝え続けていきたいと思います。

次のいさわ路探訪は10月を予定していますが、スケジュールは未定です。
ぜひ次回もお楽しみに(^_^)/~
Comment
次回予定
10月開催の案内は当ブログでも見れるのでしょうか。または、他のサイトで告知が見れるのでしょうか。
次回は参加してみたいなあと思いましたので。 (^人^)
sage さま
こんにちは!

6月のツアーはこのブログでの告知を怠ってしまいました。
10月のツアーはこちらでも募集したいと思います。

いつもは10月20日過ぎの平日に開催しています。
コース等はこれから検討に入るので、まだ未定ですのでお楽しみに(*^-^*)

ぜひぜひ、岩手・奥州・胆沢に遊びにいらしてください(@^^)/~~~

管理者のみに表示