相撲追善供養碑が若柳にも。

2017 07 04
胆沢区若柳堰袋の国道沿いには相撲追善供養碑が建てられています。
江戸時代に建立されたこの供養碑は天保の年号が刻まれています。
(背の低いほうが相撲追善供養碑です)
170703相撲4
この追善供養碑は、伊勢ノ海部屋の関戸親方の妻加乃の供養碑で、
伊勢ノ海部屋の弟子の盛山庄左エ門の子、友碇綱五郎とその弟盛石十五郎が
胆沢の若柳村や新里村などから賛助を得て建てられたものということです。
170703相撲1
伊勢ノ海部屋の弟子の盛山庄左エ門は伊勢ノ海部屋に一時所属した弟子だったが、
当時の番付面にその指呼名が見えないので帰郷して地方力士の育成発展に
尽くされたと思われる。
と町史に記載されています。
170703相撲2

石碑には

伽陀云 伊勢ノ海加乃追善 
の文字の他に四つの句が刻まれています。
伽陀云とは、仏徳または教理を美しく讃める詩ということらしいです。

区内に残される相撲関連の碑は7基は確認されているようです。
相撲は昔からみんなが楽しみにしているスポーツだったのですね。
Comment

管理者のみに表示