いさわ路探訪(10/30)開催しました!

2017 11 03
『いさわ散居ガイドの会と行く!江刺研修』
平泉藤原氏ゆかりの地をめぐる

10月30日(月)恒例の10月ツアー開催しましたよ。

今回で24回目となる「いさわ路探訪」 胆沢の名所や旧跡などを探訪してきました。
参加者のみなさんから「江刺を探訪したい!」という声を沢山いただいていましたので、
今回は胆沢を飛び出し江刺区へ!

最初は源休館跡
江刺区伊手小学校の校庭奥手あるんですよ。
義経は北に向かって平泉を脱出したのか?
兄、頼朝から追われる身となった源義経、平泉を脱出した義経主従がその途中しばしこの地に滞留したという伝説の一つ。
20171030ツアー1 20171030ツアー4
スギ林の中に巨石からなる古社
みなさん「こんなところに~?」「おおきい石ね~!」
と驚き、巨石の後までぐるっと回ってみていました。

この石は最初、一つっだたのではないか?義経はどのようにここに滞留したのか?
たくさんの思いをみなさん楽しそうに話していました。
20171030ツアー2 20171030ツアー3

平泉を脱出した義経主従が立ち寄り、白粟五升を求め、炊かせて空腹を満たした(伝説)という
弁慶屋敷跡
この跡地近くの家の屋号は弁慶屋敷だそう。
かつては弁慶が住んだこともあることから弁慶屋敷よも呼ばれるようになったと伝えられています。
20171030ツアー5

次は五位塚
藤原氏3代の祖となった藤原清衡の父親でもある経清の墳墓といわれています。
20171030ツアー8 20171030ツアー6
名称も経清が現在の宮城県亘理町周辺を支配していた時、国府の五位という位にあった役人だった事が由来しているとされています。
20171030ツアー7

豊田館跡
安政3年(1774)建立の「豊田城址碑」碑文には「藤原経清の居館豊田城跡で嫡男清衡誕生の地である」と記され、
清衡の父(経清)と平泉進出前の清衡の居館跡とされています。
20171030ツアー9
豊田館跡で記念撮影をしました
20171030ツアー10

昼食は江刺区川原町の
お食事処 くらしき で江刺名物あんかけうどんを食べましたよ。
午前中は沢山歩いたので、ゆっくり休みました。

午後は
益沢院跡
豊田館時代清衡祈祷寺、金銀字写経の中心工房ともいわれています。
20171030ツアー12 20171030ツアー11

向山と館山を結ぶ夢乃橋
下から眺めたことはあっても、実際に渡ったことがある人は少ないのでは?
20171030ツアー13 20171030ツアー14
夢乃橋を渡り、岩谷堂城址散策へ
20171030ツアー15 20171030ツアー16

ちょこっと寄り道
旧岩谷堂共立病院 明治記念館
近代医学を取り入れた西洋式病院として明治8年に創設された旧岩谷堂共立病院。
岩手県指定有形文化財になっています。
20171030ツアー17 20171030ツアー18

江刺探訪を楽しみ、みずさわ観光物産センターに戻ってまいりました。
20171030ツアー19

参加者25名 今回も満員御礼 いつもありがとうございます。


あいにくの雨模様ではありましたが、散策場所につくと雨がやみ
いさわ散居ガイドの会の日頃の行いの良さで晴れたね~と笑いながら
(いやいや参加者みなさまのおかげです)
にぎやかないさわ路探訪は無事おわりました。

次回のいさわ路探訪は6月の予定です。
次はどこへ行きましょう?次回もお楽しみに~♪(o・ω・)ノ))
Comment

管理者のみに表示