谷地中の馬頭観音堂

2017 12 26
南都田谷地中の国道397号沿いにある馬頭観音堂です。
安永風土記に記載のお社のようですが、創建は不明のようです。
171226谷地中2
171226谷地中1
境内には、
昭和二十五年建立の『鸕鷀草葺不合尊』碑と
明治二十八年の『馬頭観音』碑が二つ並びます。
鸕鷀草葺不合尊』は胆沢に10基ほどあるうちのひとつです。
村棟梁の佐々木某氏のほか14名の名も刻まれています。

寒さの中では、

なんど、厳しい冬をこの地で過ごしてきたのか、
どのくらいの歴史を抱えているのか、大方の社や碑がそうであるように
今ではだれにもわかりません。

と、なんだか悲愴的な思考に陥ってしまいますが、

あらゆる命がキラキラ輝く季節にその姿を認めれば、
きっと見え方も受け止め方も違ってくることでしょう。

冬は始まったばかりですが、早くも暖かい季節を待ち望んでしまいます(;^ω^)
Comment

管理者のみに表示