いさわ散居ガイドの会主催 いさわ路探訪ツアー(後編)

2019 11 03
いさわ路探訪【後編】

空腹を満たし午後の見学地、胆沢小山の鶴供養へ。
その昔、丹頂鶴を撃ってはいけないと伝えられていたが、ある猟人が撃ってしまいその祟りで家族全員が病気になってしまう。
その供養として法要を行い病気はよくなり、その後浄財を出しあい建てられたのが鶴供養の石碑でした。
2019103110月ツアー12

鶴供養の石碑の隣には葦名堰の看板もあり、次の行き先の説明を聞きながら向かいました。
鶴供養から西へ。
衣川の領主であった葦名氏ですが当時、二の台の一部でも権力をにぎっていたようです。
約400年前その葦名氏の指導により60年の歳月をかけて完成された葦名堰
その最終湧き出し口がここ二の台にあります。
2019103110月ツアー13

急な階段を下ると最終湧き出し口です。
現在、堰の中は150センチほどの水で満たされているため入ることができないので、一般公開される9月にぜひ内部を見たいとの声が多かったです!
2019103110月ツアー14

その葦名堰から引かれた逆堰
本当ならば山側の西から東へ流れるのですが、逆堰は名前の通り東から西へと流れています。
(水が少ないのは残念でした
2019103110月ツアー15

逆堰農村公園にある葦名堰の説明看板などを見ながらの説明にも皆さん熱心に聞き入っていました。
2019103110月ツアー16

一日、胆沢の魅力をたっぷり味わい、バスの中でも楽しい会話が続きあっという間にみずさわ観光物産センターに到着しました。
6月のツアーもまた参加しますね!と皆さん笑顔での解散となりました。
2019103110月ツアー17

楽しいツアーもあっという間。
またお会いしましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今日は胆沢地区内一周駅伝このあと9時30分にスタートします。
一部規制もあると思われるため、通行の際はお気をつけください。
ランナーを見かけた際は声援をお願い致します。
Comment

管理者のみに表示