胆沢川にかかる橋 鹿合橋

2011 06 04
胆沢川にかかる橋 鹿合橋からの風景です。

鹿合・・・「ししあわせ」と読みます。
鹿合橋
「ししあわせ」の”し”の字がひとつかけて、「しあわせばし」となっていました。
なんとなくほのぼのした気分になりました

鹿合橋から西  鹿合橋記念碑 鹿合橋から東

橋から西を眺めると大きな岩が ”ごろり”とあります。

橋のたもとには記念碑が。
「此の橋は昭和廿五年に着工同廿六年に竣工を見・・・・・・・・・・部落民の歓びを記念し後世に伝えるものである」
とあります。現在の橋は昭和四十年八月に完成した橋ですが、
昭和廿五年当時、橋が完成した時の歓びと感謝の気持ちがこの碑に記されているようです。

鹿合橋から東を眺めると、県道37号線の門ヶ城橋が見えます。

この橋を渡って県道37号に出る事ができますし、
この橋の西にかかる上鹿合橋を渡って国道397号に出る事もできます。

鹿合という地名は、鹿が東西から歩いてきて合わさったところからきているという説があります。


Comment

管理者のみに表示