しあわせ色のカボチャのシフォンケーキ

2013 11 16
産直いさわあぐりキッズさんの店頭に並ぶ、berry工房さんの手づくりお菓子。

この季節の旬の食材はカボチャ
131105カボチャシフォンケーキ2
この鮮やかな黄色のシフォンケーキ、作っている人にお会いしたくて
胆沢区小山berry工房の渡辺さんを訪ねました

berry工房代表の渡辺美保子さん、ご自宅に工房を開き、畑で採れた野菜などを使って
ケーキやお菓子やプリンを作っており、
その商品は産直いさわあぐりキッズで人気商品となっています。

実際にカボチャのシフォンケーキを作るところを見せてもらったのですが、
手早く材料を混ぜ合わせていく様をうっとり眺めてしまい、撮影するのを忘れてしまいました
131105カボチャシフォンケーキ3 131105カボチャシフォンケーキ4
オーブンに入れて約40分で焼きあがりました。
ケーキ作りのなかで一番好きなところは?
との質問に、この焼き上がりの瞬間ですね、と答えてくれた渡辺さん。
数え切れないくらい作ってきたケーキですが、そのときの食材の水分量などは、
そのときそのときで違うもの、いつも同じというわけではありません。
それらを上手く調整しながら、一番ベストな焼きあがりに仕上げます。
是非、食べてみてください。ビックリするほど、ふわふわしているのに、
しっとりした甘さひかえめのカボチャのシフォンケーキなんです。

南部一郎という細長く糖度の高いカボチャを使っています。
もちろん渡辺さんのお宅で採れたカボチャ。
131105カボチャづくし1
なにより家の畑でとれた食材を使っているので子供達に安心して食べさせることが
出来ることがいちばん嬉しいですね。

そしてこの季節、うれしい一品がこれ『しょうが糖』
新ショウガを取り寄せ、スライス→茹でる→乾燥させる→砂糖をまぶす→
といった工程を経て出来上がる『しょうが糖』
食べると体がぽかぽか温まると大人気なんです。
新ショウガのこの季節しか販売していないので、お早めにお買求め下さい。
131105しょうが糖

3人のお子さんのお母さんでもある渡辺さん。
末っ子のひなかちゃん(2歳)はケーキ作りをする渡辺さんのまわりで遊んでいたり、
お手伝いをしてくれたり、お仕事をするお母さんと一緒に過ごしています。
131105ひなかちゃん
晩秋の昼下がり、『家族のみんなの支えや協力があってこそのberry工房です』と
微笑む渡辺さんはしあわせ色に輝いていました

berry工房のお菓子・ケーキは、産直いさわあぐりキッズさんで販売しています。
131108berry工房
現在の商品は・・・
カボチャシフォンケーキ・ブルーベリーシフォンケーキ 1個¥100
カボチャプリン ¥100
しょうが糖60g ¥200
フロンランタン ¥120
※シフォンケーキはホールでの注文も承ります。(大・小)

時期のより商品は変わりますので、季節の商品をお楽しみ下さい。

産直いさわあぐりキッズ
岩手県奥州市胆沢区南都田字本木127
0197-46-2632
営業時間(平日):AM10:00~PM18:00
         (土・日・祝):AM9:00~PM18:00   定休日:水曜日
      1月~3月は、AM10:00~PM17:00の営業時間となります。
Comment

管理者のみに表示