焼石連峰の山並み

2017 04 15
強風の吹いた日の夕方。

黄昏、古くは「たそかれ」。
「誰 (た) そ彼 (かれ) は」と、人の見分けがつきにくい時分の意 ということですが、
黄昏時の山並みも綺麗です。
170414焼石連峰2
その翌日はすっきりと晴れて焼石連峰もくっきり見えました。
170414焼石連峰1
山もきれい、空もきれい、これからは桜も綺麗な季節になります。

胆沢ダムからの融雪放水が見られます。

2017 04 11
170410ダム
胆沢ダムでは融雪放流が始まっています。
雪解け水の流入が多くなり、洪水吐きからの放流が見られます。
実際にご覧いただくとわかるのですが、
流れ落ちてくる水に波のようなふしぎな模様が見えるんですよ。

奥州湖交流館から馬留広場までの市道の開通は4月13日(木)正午の予定ですので、
その後はご覧のような洪水吐きの真下から放流される様子が見られることと思います。

※奥州湖眺望台への市道の開通は4月下旬の予定です。

※画像提供は胆沢区若柳の佐々木さまです。ありがとうございました\(^o^)/

田仕事もはじまっています!!

2017 04 01
今日から新年度、4月のスタートです!!今年度もよろしくお願いします!!

お日様がでていたこの日、 田んぼでは『くろぬり』がおこなわれていました。
くろ とは『黒』ではなく、『畔』(くろ)のこと、 田の中の境。あぜ。です。
170330田んぼ2
170330田んぼ1
『あぜぬり』ともいうそうですが、
田んぼに張る水がこぼれないように田んぼの内側を壁塗りする作業だそうです。

チョコレートケーキのように美しい、素晴らしい出来栄え✨

2017年 立春

2017 02 04
昨夜は豆まきしましたか?
鬼も福も呼び込んで、良い一年になりますように。
170203ばっけ
立春です。
雪の少ない今年の冬、バッケももう顔を出しています。

続続 雪

2016 12 18
15日の木曜日の朝から連日の雪。

雪かきが大変です(´;ω;`)
161217雪1
161217雪2
161217雪3
土曜の朝は案内所前の積雪30センチ以上。
一晩でこんなに降ったのも珍しいなぁと思いながら、日に何度も雪かき部隊が出動しています。

続 雪

2016 12 16
161216つらら
今朝は水道も凍りました。((((;゚Д゚)))))))
うっかり水抜きをしなかったらこのありさま。
気が抜けない長い冬です。

一晩で真っ白

2016 12 12
161211雪1
161211雪2
日曜日の朝は一面真っ白に雪が積もっていました。
雪かきが必要なほどに(´;ω;`)

雪景色

2016 12 09
8日の朝、外に出ると一面真白の雪景色でした。
午後にはだいぶとけてしまったんですが、けっこうな積雪でしたよ(;゚Д゚)
161208雪1
161208雪2
ここは小山二の台のあたり。
胆沢はどこにいても見える風景が同じでわけがわからないと、よく言われています。
田圃ばっかりってこと!

予約投稿の時間設定を間違い、作りかけのまま公開してしまっていたようです。
未完成品をご覧になった皆さん、すみません(;´・ω・)

雪吊りの徳水園

2016 12 06
徳水園の庭木に雪吊りが施されました。
161205徳水園1
161205徳水園2
少しずつ、雪への準備が始まっています。

栗駒焼石ほっとラインの晩秋

2016 11 20
11月22日の正午から冬期通行止めとなる栗駒焼石ほっとライン、
晩秋のほっとラインを走ってみました。🚙
猿岩の木々も落葉しています。
161118ホットライン1
161118ほっとライン2
奥州湖は午後の陽に照らされてキラキラ輝きます。

一度一関方面へ走ってからUターン、一関方面から胆沢に向かっての画像です。
161118ほっとライン3
向かう方向によって見える景色も違うもので、
胆沢方面に向かうと雪を冠した横岳・獅子ケ鼻などが見えかくれします。
161118ほっとライン4
161118ほっとライン5
伸びる道路は葉を落とした雑木の中へと続いていくようです。
161118ほっとライン6
↓はつぶ沼、ここもすっかりと落葉していました。
161118ほっとライン7
つぶ沼の駐車場から胆沢ダム方面を眺めるとダムの堤体の向こうに街が見えていました。
161118ほっとライン8
残りわずかとなった栗駒焼石ほっとラインのドライブ、お楽しみくださいね。
« Prev | HOME | Next »